クルマバツクバネソウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
クルマバツクバネソウ
Paris verticillata 1.JPG
尾瀬 2012年7月 
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 単子葉植物綱 Liliopsida
亜綱 : ユリ亜綱 Liliidae
: ユリ目 Liliales
: ユリ科 Liliaceae
: ツクバネソウ属 Paris
: クルマバツクバネソウ P. verticillata
学名
Paris verticillata M.Bieb.
シノニム

Paris hexaphylla Cham.

和名
クルマバツクバネソウ(車葉衝羽根草)

クルマバツクバネソウ(車葉衝羽根草、学名:Paris verticillata )は、ユリ科ツクバネソウ属多年草

特徴[編集]

の高さは20-60cmになる[1]は6-8個が輪生し、葉身は倒披針形で[1]、長さ5-15cm、幅1.5-4cmになり[1]、先端は鋭くとがり、葉柄はなく、葉の縁は全縁になる。

花期は6-7月。茎の先端に花柄を長く伸ばし、1個の淡黄緑色のを上向きにつける。花は直径4-6cm[1]になり、外花被片は4個あり、披針形から狭卵形[1]で、長さ3-4cm[2]、緑色の萼状。内花被片も4個あり、糸状[1]で黄色を帯びる。雄蕊は8-10個あり、花糸は線形[3]で、葯は長さ5-8mm[2]、葯の先端に葯隔が長く伸びる[2]花柱は4個に分枝する。果実液果で、秋に羽根突きの羽子(はご)に似た実が黒紫色に熟す。

分布と生育環境[編集]

日本では、北海道、本州、四国、九州に分布し、山地帯から亜高山帯[1]の林下に生育する。世界では、朝鮮中国千島樺太シベリアに分布する。

下位分類[編集]

  • ムラサキクルマバツクバネソウ Paris verticillata M.Bieb. f. purpurea (Miyabe et Tatew.) Honda

ギャラリー[編集]

近縁種[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g 『山溪カラー名鑑 日本の高山植物』p.571
  2. ^ a b c 『日本の野生植物 草本I単子葉類』p.43
  3. ^ 『山溪カラー名鑑 日本の野草』p.636

参考文献[編集]