クリミナル・タウン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
クリミナル・タウン
November Criminals
監督 サーシャ・ガヴァシ
脚本 サーシャ・ガヴァシ
スティーヴン・ナイト
原作 サム・マンソン
クリミナル・タウン英語版
製作 ベス・オニール
エリカ・オールド英語版
アラ・ケシシアン
ビル・ジョンソン
ジム・セイベル
マーク・ビエンストック
製作総指揮 アンガス・サザーランド
タンニャ・タワージョ
マリンディ・フィックル
出演者 アンセル・エルゴート
クロエ・グレース・モレッツ
音楽 デヴィッド・ノーランド
撮影 ミハイ・マライメア・Jr
編集 マーティン・ペンサ英語版
製作会社 Black Bicycle Entertainment
Lotus Entertainment
配給 アメリカ合衆国の旗 ステージ6フィルムズ英語版/ヴァーティカル・エンターテインメント英語版
日本の旗 ギャガ・プラス
公開 アメリカ合衆国の旗 2017年11月7日
(オンデマンド)
アメリカ合衆国の旗 2017年12月8日
(限定公開)[1]
日本の旗 2018年8月25日[2][3]
上映時間 85分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

クリミナル・タウン』(November Criminals)は、2017年アメリカ合衆国青春サスペンス映画。 監督はサーシャ・ガヴァシ、出演はアンセル・エルゴートクロエ・グレース・モレッツなど。

ティーンエイジャーを主役に描いたノワール小説として高い評価を受けたサム・マンソンの同名小説英語版を映画化。

ストーリー[編集]

ワシントンD.C.に暮らす平凡な高校生アディソンの親友のケヴィンが何者かに殺された。警察は事件がチンピラ黒人少年麻薬を巡るギャング同士の抗争に巻き込まれたものであり、犯人は組織内で始末されたとして、早々に捜査を打ち切ってしまう。

だが、ケヴィンが優等生であることを知るアディソンは彼が麻薬に関わって殺されたなどありえないと疑問を抱き、恋人未満の幼なじみのフィービーと共に事件の真相を暴き、ケヴィンの名誉を回復しようとする。しかし、警察は彼らの証言を全く取り合わず、学校は大学への推薦状を餌に牽制するなど、まるで街中が事件をなかったことにしようとしているかのような雰囲気であった。

それでも、独自に調査を進めていくアディソンとフィービーは様々なピンチを乗り越えて、何とか事件の鍵を握るケヴィンの元同級生ノエルのもとにたどり着くのだが、アディソンは情報提供と引き換えに麻薬の運び屋を持ちかけられてしまう。

キャスト[編集]

出典[編集]

  1. ^ Collis, Clark (2017年9月18日). “Baby Driver star Ansel Elgort returns in November Criminals trailer”. Entertainment Weekly. 2017年9月18日閲覧。
  2. ^ “「ベイビー・ドライバー」A・エルゴート主演の青春クライムサスペンス公開決定”. 映画ナタリー. (2018年5月11日). https://natalie.mu/eiga/news/281704 2018年8月23日閲覧。 
  3. ^ 美しいクロエ・モレッツの笑顔が怖い…『クリミナル・タウン』8月公開”. シネマトゥデイ (2018年5月19日19:05). 2018年5月19日閲覧。

外部リンク[編集]