クリフトン・スプレイグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
クリフトン・スプレイグ
Clifton Albert Frederick Sprague
Clifton Sprague.jpg
渾名 ジギー(Ziggy
生誕 1896年1月8日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
マサチューセッツ州の旗 マサチューセッツ州 ドーチェスター
死没 (1955-04-11) 1955年4月11日(59歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カリフォルニア州の旗 カリフォルニア州 サンディエゴ
所属組織 Seal of the United States Department of the Navy.svgアメリカ海軍
軍歴 1917 - 1951
最終階級 海軍中将
テンプレートを表示

クリフトン・アルバート・フレデリック・スプレイグClifton Albert Frederick Sprague, 1896年1月8日 - 1955年4月11日)は、アメリカ海軍軍人。最終階級は中将「ジギー」と呼ばれた。

経歴[編集]

スプレイグはマサチューセッツ州ドーチェスターで生まれ、ボストン・ラテン・スクールアメリカ海軍兵学校に学ぶ。卒業後は海軍のパイロットとなる。

第二次世界大戦が始まったとき、スプレイグは水上機母艦タンジール(USS Tangier, AV-8)の艦長の任にあり、真珠湾攻撃に遭遇した。その後スプレイグは空母ワスプ(USS Wasp, CV-18)の艦長に着任する。スプレイグはレイテ沖海戦での功績で最も有名である。

上陸支援のため第7艦隊から編成された3つの護衛空母艦隊の内の一つ(「タフィー3 Taffy 3」の愛称で知られた)の指揮官として、スプレイグは護衛の3隻の駆逐艦、6隻の護衛駆逐艦と共に行動した。「タフィー2」は航空機の航続範囲で日本艦艇への攻撃を支援したが、主力部隊は混乱し組織的な行動が行えなかった。スプレイグは指揮下の航空機部隊で日本軍の戦艦及び巡洋艦に対する攻撃を行い、この戦闘の功績でスプレイグは海軍十字章を受章した。

戦後スプレイグは海軍管区司令官を務めた。スプレイグはサンディエゴの海軍病院にて心臓病で1955年に死去した。カリフォルニア州フォート・ローズクランズ国立墓地英語版に埋葬されている。

オリバー・ハザード・ペリー級ミサイルフリゲートの10番艦、クリフトン・スプレイグ (USS Clifton Sprague, FFG-16) はスプレイグの名前にちなんで命名された。退役直前まで海軍十字章のための表彰状は士官室に飾られていた。

外部リンク[編集]