クリスチャン・クローグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
クリスチャン・クローグ
Christian Krohg
Christian Krogh (cropped).jpg
生誕 1852年8月13日
 ノルウェー Vestre Aker(現オスロ市内)
死没 (1925-10-16) 1925年10月16日(73歳没)
 ノルウェー クリスチャニア(現オスロ)
国籍  ノルウェー
著名な実績 画家著述家ジャーナリスト
運動・動向 自然主義

クリスチャン・クローグChristian Krohg, 1852年8月13日 - 1925年10月16日)は、ノルウェー出身の画家・著述家・ジャーナリスト。

生涯[編集]

1852年、クリスチャニア(現オスロ)で生まれた。法律を学んだが、同時に画学校に通い、ドイツカールスルーエハンス・ギューデ(Hans Gude)、カール・グッソーに師事した。1875年、ベルリンに移り、アドルフ・フォン・メンツェルマックス・リーバーマンの影響を受けた[1]

1879年夏、友人フリッツ・タウロウを誘ってスカーゲン英語版を訪れ、制作を行った。1881年から1882年までパリで活動し、エドゥアール・マネ印象派に触れた[1]。1882年の秋季展設立にも貢献した。

次第に、自然主義の影響を受け、人々の生活、特に社会的な地位の低い人々や社会の暗部を描くようになる。クローグは特に売春婦たちを描いた作品で知られている。また、1886年には売春婦をテーマにした小説アルベルティーネ英語版』を出版した。この小説は、その題材からスキャンダルとなり、警察に没収されてしまった。当時、クローグは、作家ハンス・イェーゲルとともに、クリスチャニア・ボヘミアンと呼ばれる芸術家たちのグループの中心人物となっていた。また、芸術新聞『印象派』を発刊した[1]エドヴァルド・ムンクもクローグに師事していた時期がある。

1901年から1909年までの間、パリに滞在した。1902年には、アカデミー・コラロッシで教えた。1909年から1925年までは、オスロに新設された国立美術学校で教授を務めた[1]

クローグはまたジャーナリストでもあり、1890年から1910年までオスロの新聞"Verdens Gang"に記事を書いていた。

主な作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d Christian Krohg”. Store norske leksikon. 2016年10月8日閲覧。

関連項目[編集]