フリッツ・タウロウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
フリッツ・タウロウ
Frits Thaulow
Frits Thaulow at work.jpg
制作中のフリッツ・タウロウ
生誕 (1847-10-20) 1847年10月20日
ノルウェーの旗 ノルウェー クリスチャニア(現オスロ
死没 (1906-11-05) 1906年11月5日(59歳没)
オランダの旗 オランダ フォレンダム
国籍  ノルウェー
出身校 バーデン美術学校
著名な実績 風景画
運動・動向 写実主義

フリッツ・タウロウFrits Thaulow, 1847年10月20日 - 1906年11月5日)は、ノルウェー画家

生涯[編集]

1847年、現オスロに当たるクリスチャニアで生まれた。父は裕福な薬剤師ハラルド・タウロウ英語版(1815-81年)。母はニコライン・ルイーズ・ムンク (Nicoline Louise Munch, 1821-94年)[1]

1870年から1872年まで、コペンハーゲンの美術学校で学び、1873年から1875年まで、ドイツカールスルーエのバーデン美術学校で画家ハンス・ギューデ(Hans Gude)に師事した。その後、パリで3年を過ごし、そこで学んでいた北欧出身の画家たちと親交を深めた[1]

1879年、友人の画家クリスチャン・クローグとともに、ユトランド半島スカーゲン英語版を訪れ、漁師や船を多く描いた[2][3]

1880年、ノルウェーに帰国すると、クリスチャン・クローグ、エーリック・ヴァーレンショルドとともに、新進気鋭の画家として活躍した。1882年の芸術家秋季展(1884年から官立秋季展)設立にも貢献した。1883年には、モードゥム英語版で若い画家を集めて野外アカデミーを開いた。タウロウの風景画は、オースゴールストランで描かれたものが多く、同地は、1880年代以降、多くの画家・芸術家が集まる町となった。そのほか、1885年までの間、クラーゲリョー、パリ、コペンハーゲン、スコットランド、ヴェネツィアなど各地を訪れている。その後は、主にノルウェー各地で風景画を描いた[1]

1892年、フランスに移ったが、パリの街は肌に合わず、モントルイユ(1892-94年)、ディエップとその周辺の村(1894-98年)、ブルターニュカンペルレ(1901年)、コレーズ県ボーリュー=シュル=ドルドーニュ(1903年)などの小さな町を巡りながら制作を続けた[1]。ディエップでは、オーブリー・ビアズリーと親交を持った。

1905年、ノルウェー政府から聖オラヴ章英語版を受章。フランス政府からはレジオンドヌール勲章、イタリア政府からは聖マウリッツィオ・ラザロ勲章チュニジア政府からも栄誉章を受章している。

1906年、オランダフォレンダム英語版エダム=フォレンダム自治体の町)で死去した。

家族[編集]

1874年、Ingeborg Charlotte Gad(1852–1908年)と結婚したが、1886年、離婚した。同じ年、著名な弁護士の娘、Alexandra Lasson(1862–1955年)と再婚した。再婚後、3人の子供をもうけた[1]

作品[編集]

オスロ国立美術館が作品37点を収蔵するほか、エルミタージュ美術館サンクトペテルブルク)、ボストン美術館ハーバード大学美術館などに収蔵されている。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e Frits Thaulow” (ノルウェー語). Norsk biografisk leksikon. 2016年10月8日閲覧。
  2. ^ Frits Thaulow” (英語). Go Norway. 2016年10月8日閲覧。
  3. ^ Frits Thaulow” (英語). Blomqvist. 2016年10月8日閲覧。