ハンス・ギューデ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ハンス・ギューデ
(画)Julius Roeting

ハンス・ギューデ(Hans Fredrik Gude、1825年3月13日 - 1903年8月17日)はノルウェー生まれで、ドイツで活躍した画家である。風景画や海洋画を描いた。

略歴[編集]

クリスチャニア(現在のオスロ)で生まれた。1838年から1841年の間、クリスチャニア王立絵画学校でフリントー(Johan Flintoe)に学んだ後[1]デュッセルドルフに移り、風景画家のアンドレアス・アッヒェンバッハに学び、1842年にデュッセルドルフ美術アカデミーに入学し、シルマー(Johann Wilhelm Schirmer)のもとで学んだ。1844年に卒業した後も美術アカデミーに助手として残った。1846年に友人となったノルウェーの画家、ティデマン(Adolph Tidemand:1814-1876)とノルウェーを旅した。ティデマンとギューデは多くの合作の絵画を残すことになる。1848年から1850年はクリスチャニアに滞在し、その後再び、デュッセルドルフに戻り、ベルリンの展覧会で賞を受賞した。

1854年にシルマーがカールスルーエの美術学校の校長になると、シルマーの後任として、デュッセルドルフ美術アカデミーの風景画の教授となり1861年まで続けた。その後2年ほどウェールズで過ごした。

1863年にシルマーが没すると、カールスルーエの美術学校の校長職を継いで、1870年までその仕事を続け、その後も1880年まで教師として働いた。かつての教え子でベルリンの美術学校(Königliche Akademie der Künste)の校長になったヴェルナー(Anton von Werner)に招かれて、ベルリンの美術学校の風景画の部長となり1901年まで教授を務めた。ベルリンで没した。

主な学生には、Erik Bodom、Carl Coven Schirm、Walter Leistikow、Konrad Alexander Müller-Kurzwelly、Paul Müller-Kaempff、Hans Völckerらがいる。

作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Aujourd'hui Oslo

参考文献[編集]

  • Richard Wrede, Hans von Reinfels (Hrsg.): Das geistige Berlin: eine Encyklopädie des geistigen Lebens Berlins. Band 1, Storm, Berlin 1897 = Fotomechan. Neudruck, Zentralantiquariat der DDR, Leipzig 1975, S. 155–156.
  • Gude, Hans Frederik. In: Christian Blangstrup, Jens Braage Halvorsen (Hrsg.): Salmonsens store illustrerede Konversationsleksikon. En nordisk Encyklopædi. 1. Auflage. Band 8: Grækenland–Horn. Brødrene Salmonsen, Kopenhagen 1898, S. 68–70 (dänisch, rosekamp.dk [PDF]).
  • Carl Wille Schnitler: Gude, Hans. In: Ulrich Thieme, Fred. C. Willis (Hrsg.): Allgemeines Lexikon der Bildenden Künstler von der Antike bis zur Gegenwart. Begründet von Ulrich Thieme und Felix Becker. Band 15: Gresse–Hanselmann. E. A. Seemann, Leipzig 1922, S. 189 (Textarchiv – Internet Archive).
  • Hans Fredrik Gude. In: Allgemeines Künstlerlexikon. Die Bildenden Künstler aller Zeiten und Völker (AKL). Band 4, Seemann, Leipzig 1990, ISBN 3-598-22744-2, S. 416.
  • Alfried Nehring: Hans Fredrik Gude – Sein Meisteratelier an der Berliner Kunstakademie. In: Konrad Müller-Kurzwelly – Land im Abendlicht. Klatschmohnverlag, Rostock/Bentwisch 2014, ISBN 978-3-941064-43-0, S. 17–38.