クミとクマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
クミとクマ
ジャンル 「ほのぼのRPG
対応機種 Windows(XP/98)
開発元 タンクタウン
「クミとクマプロジェクト」
デザイナー 入江ノジコ
シナリオ 入江ノジコ
美術 蛍藍
ユキムラ
ゆう
真颯人
人数 1人
メディア ダウンロードゲーム
発売日 2003年11月7日
(『テックウィン』誌上)
2003年12月7日
(公式サイトにおける公開日)
最新版 1.13.04/ 2011年12月9日
必要環境 CPU:Pentium 200MHz以上
(450MHz以上推奨)
Memory:32MB以上
(64MB以上推奨)
エンジン RPGツクール2000
その他 フリーウェア
コンテストパーク銀賞受賞作
FREE GAME AWARDS入賞作
続編にあたる『グレの一週間』および『クミとクマリバース』はシェアウェアとして配布
テンプレートを表示

クミとクマKUMI to KUMA)は、タンクタウンにより2003年フリーウェアとして公開された、RPGツクール2000製のロールプレイングゲーム。プロジェクトリーダーは入江ノジコ。本作は『テックウィン』2003年12月号のコンテストパークにおいて銀賞を受賞し、FREE GAME AWARDS 2004においても入賞している。ジャンルは「ほのぼのRPG」とされる。

ストーリー[編集]

主人公である小学2年生の女の子クミは、クリスマスの夜に母が作った不細工なクマぬいぐるみをもらう。言葉を話して動くぬいぐるみグレイを追いかけていると、クミはいつのまにか「お菓子の世界」に迷い込んでしまう。そこでクミは「クレームブリュレ王国」のミルフィーユと間違えられてしまい、「予言の書」では「姫が従者と共に魔王を倒し世界を救う」とされていたために、姫の従者ウェハースと共に魔王退治の旅へ出ることになる。

特徴[編集]

本作では主人公たちが宿屋に泊まると、ゲーム中の日付が1日経過する。クミの旅はお菓子の世界のにおける12月7日から開始されるが、12月24日までに特定のイベントに到達しないとゲームオーバーになる[1][2][3]

戦闘システムはシンボルエンカウントによって発生するコマンド選択式のターン制となっており、クミ・グレイ・ウェハースの3人を操作して敵と戦う。序盤においてクミとグレイは攻撃力が弱く、通常の攻撃では敵に対してほとんどダメージを与えられないため「特殊技能」の使用が有効とされる[2][3]

またゲーム中では倒した敵の死体を調べると毛皮などを入手できることがあり、これらを下取り屋に売ることによって金銭を得ることができる[1][2]。なお通貨の単位は「シュガー」である。

主な登場人物[編集]

プレイヤーキャラクター[編集]

戦闘でプレイヤーが操作できるキャラクター

クミ
小学2年生の女の子。明るい性格であり、8歳という年齢の割にはしっかりしているが、少し天然ボケでもある。手先が器用で裁縫が得意。またお菓子が大好きである。パチンコを使って戦う。後に魔術師ウイロウから魔法を教わる。
グレイ
関西弁を話す不格好なぬいぐるみのクマ。クミの母がクミへのクリスマスプレゼントとして作ったぬいぐるみであり、モデルはハイイログマであるが灰色の布がなかったため、茶色のクマになった。クミには「グレちゃん」、ウェハースには「グレ」と呼ばれている。クミが魔王退治の旅に出る事に反対するが、クミ達の事が心配で結局は共に行動する事になる。体力や防御力は優れているがぬいぐるみであるため、かぎ爪状の武器「ベアナックル」を入手するまでは攻撃力が弱い。またぬいぐるみであるために回復アイテムは使用できず、クミにほつれた部分を繕ってもらうことで回復する。
ウェハース
クレームブリュレ王国に仕える騎士。クミのことをミルフィーユであると誤解しており、共に魔王退治に出る。を使って戦うことができ、ゲーム開始時には「まともに戦える」唯一の存在。

主要キャラクター[編集]

物語全体を通して、大きく関与するキャラクターを記述する。

王様
クレームブリュレの国王。「予言の書」に従い娘であるミルフィーユを旅立たせようとする。
エクレア
クレームブリュレの王妃。クミがお菓子の世界に迷いこんできた事に関わりがある。
ウイロウ
物語の中盤から登場する老魔術師。物語の真相を知る人物であり、クミ達の旅をサポートする。

敵キャラクター[編集]

戦闘する事になるキャラクターの中でも、物語に大きく関与するキャラクターを記述する。

バニラアイス
物語の中盤から登場する魔物。位の高い「魔族」の一員であり氷属性。魔王の片腕であるが、ラストボス戦ではクミ達と共にジェラートと戦う。
ジェラート
魔族を統べる魔王であり、本作のラストボス。人間を軽んじており、バニラアイスはその事について良く思っていない。

世界設定[編集]

舞台はクミの住む世界とは異なる世界であり、この世界では地名や人名がお菓子の名前となっている。

クレームブリュレ
お菓子の生産を産業とする町。王城やウェハースの実家がある。また町はずれの森には「ガナッシュの屋敷」と「魔術師の塔」がある。
ゲッペイ村
ゲッペイ」というお菓子を名物とする村。クミは村長から出没する暴れ熊の退治を引き受けることになる。
国境の砦
魔物の侵攻を防ぐための砦。魔王の配下キャラメルバウンドが道を塞いでいた「国境の洞窟」がある。
ブリットル村
雪が積もる地方にある魔物によって占領されていた村。
ブッシュドノエル
雪が積もる地方の最も北にあるサンタクロースの町。バニラアイスが率いる魔王軍に制圧されていた。
アイス・パレス
魔族が拠点とする城。雪の積もる地方の北に位置しジェラートが支配する。

評価[編集]

前述したように本作はテックウィンコンテストパークにおいて銀賞を受賞し、ふりーむが開催したFREE GAME AWARDS 2004では読者投票によって入賞している[4]

ベクターの「新着ソフトレビュー」では「キャラ同士の会話がおもしろく、ストーリーも秀逸なファンタジーRPG」と評価されており、「話の要所々々に描かれる絵本風の絵も、プレイヤーの気分を盛り上げてくれる」「かわいいキャラが動き回る愛らしさと、強くなるために倒した敵を調べる切なさが共存する物語」と評されている[1]

窓の杜のコーナー「週末ゲーム」では、「市販ソフトでは採用されないようなシステムを導入することによって、独自のかわいいキャラクター性や世界観を構築し、ひと味違う手触り感を楽しめる作品となっている」と評されており、また「システムの斬新さが目につくが、本作の最大の見所はキャラクターとストーリー」と評されている[2]

ふりーむ!のレビュー記事では「ほのぼのした雰囲気と練りこまれたストーリーでプレイヤーを飽きさせない工夫が沢山のゲーム」として紹介された[3]

掲載誌[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]