クテシビオス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クテシビオスが作ったと言われる水オルガン

アレクサンドリアクテシビオス(ギリシャ語ΚΤΗΣΙΒΙΟΣ、生没年不詳、少なくとも紀元前285年-紀元前222年にかけて活動)は、古代ギリシャ発明家数学者。古代ギリシャの科学者では、アルキメデスに次ぐ人物である。ヘロンの師とされる。空気弾性についての著作On pneumatics(現在では失われている)によって気体力学の父と言われ、圧縮空気によるポンプ、空気砲を考案したと言われる。だが、クテシビオスの業績についてはほとんどが失われており、アテナイオスの著作にも彼のMemorabilia(クテシビオスの研究メモ)からの引用があるが、Memorabilia自体は失われている。

クテシビオスは、アレクサンドリア博物館の最初の館長と思われる。不幸なことに、彼の生涯及び業績についてはほとんどわかっていない。伝えられるところ(おそらくはディオゲネス・ラエルティオス)によると、彼は始め床屋だった。そのころ、によって調節可能なを作ったとされる。その後、水オルガンヒュドラウリス)を発明し、水時計を改良したという。この水時計は、17世紀クリスティアーン・ホイヘンスによって振り子時計が発明されるまで、もっとも正確な時計だった。また、サイフォンを発明したと言う。

ディオゲネス・ラエルティオスの伝えるところによると、クテシビオスは生涯を通じて貧困に苦しんでいたという。ディオゲネス・ラエルティオスは、次のように伝えている。

気前のいい哲学者アルケシラオスがクテシビオスを訪ねたとき、クテシビオスは病気で貧しさに苦しんでいた。そこで、アルケシラオスは財布をそっと枕の下に隠しておき、クテシビオスがそれを見つけるのがアルケシラオスの楽しみだった。

クテシビオスの業績はウィトルウィウス、ディオゲネス・ラエルティオス、ビザンチウムのフィロンが何度も言及している。

関連項目[編集]