キース・ボーガンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キース・ボーガンス
Keith Bogans
ボストン・セルティックス  No.4
Keith Bogans.jpg
名前
本名 Keith Ramon Bogans
ラテン文字 Keith Bogans
基本情報
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
誕生日 1980年2月21日(34歳) 
出身地 ワシントンD.C.
身長 196cm
体重 97kg
選手情報
ポジション PG/SG
背番号 4
ドラフト 2003年 43位
経歴
2003-2004
2004-2006
2006
2006-2009
2009
2009-2010
2010-2011
2012-2013
2013-
オーランド・マジック
シャーロット・ボブキャッツ
ヒューストン・ロケッツ
オーランド・マジック
ミルウォーキー・バックス
サンアントニオ・スパーズ
シカゴ・ブルズ
ニュージャージー・ネッツ/ブルックリン・ネッツ
ボストン・セルティックス

キース・ボーガンスKeith Ramon Bogans1980年5月12日 - )は、アメリカ合衆国ワシントンD.C.出身のバスケットボール選手。NBAボストン・セルティックスに所属している。ポジションはシューティングガード。身長196cm、体重97.5kg。

経歴[編集]

学生時代[編集]

マクドナルド選出のオールアメリカンチームに選ばれる優秀な高校生プレイヤーだったボーガンスは、バスケットの名門校デマッサ・カトリック高校卒業後、ケンタッキー大学に進学。1年目から先発起用され、2年目には17.0得点4.6リバウンドの成績でサウスイースタン・カンファレンス(SEC)のトーナメントMVPに選ばれた。3年目はやや期待外れのシーズンを過ごしてしまったが、最終学年には復活し、2度目のSECトーナメントMVPとAP通信選出のオールアメリカ・サードチームに選ばれ、チームをNCAAトーナメントのElite8に導いた。

NBA時代[編集]

大学卒業後、2003年のNBAドラフトにエントリーし、ミルウォーキー・バックスから2巡目全体43位指名を受けてNBA入りを果たすも、直後にオーランド・マジックにトレードされた。ルーキーイヤーとなった03-04シーズンは、ドラフト下位指名者ながらも36試合に先発出場し、6.8得点4.3リバウンドの成績を残した。ボーガンスはドラフト時の期待以上の働きをしたが、このオフに創設されたばかりのシャーロット・ボブキャッツにトレードに出された。

新設チームのボブキャッツでは先発に起用される機会も増え、04-05シーズンは9.6得点3.1リバウンドの成績を残しが、翌05-06シーズン中にヒューストン・ロケッツへとトレードされる。ロケッツでも平均8.5得点を稼ぎ出していたが、フィールドゴール成功率4割台を下回るシュートセレクションの悪さも目立った。

06-07シーズンには古巣のマジックに復帰するも、故障を抱えてしまい、23試合を欠場、平均5.1得点とキャリア最低の生成に終わった。しかし翌07-08シーズンに復活したボーガンスはシューターに転身し、スリーポイントシュート試投数成功数ともに倍増、課題だったFG成功率は4割を越えてマジック躍進の陰の立役者となっている。

10-11シーズンはサンアントニオ・スパーズからシカゴ・ブルズに移籍。レギュラー争いを制して先発の座をつかんだ。主に第1クォーターと第3クォーターに出場し、主にディフェンス面で活躍している。周囲からは先発出場するには疑問があるようだが、ヘッドコーチのティボドーからは、ディフェンスを買われており、全試合に先発出場をしている。シーズン序盤は、3ポイントシュートの確率が悪く、フリーでも外すことがよく見られた。シーズン中盤以降は徐々に決まりだし、確率を上げている。

2012年2月1日、ニュージャージー・ネッツと契約。2012年夏、新生ブルックリン・ネッツと再契約した。

2013年7月12日、ボストン・セルティックスに移籍。

外部リンク[編集]