キンバリー・ウィリアムズ=ペイズリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
キンバリー・ウィリアムズ=ペイズリー
Kimberly Williams-Paisley
キンバリー・ウィリアムズ=ペイズリーKimberly Williams-Paisley
2008年撮影
生年月日 (1971-09-14) 1971年9月14日(45歳)
出生地 ニューヨーク州ライ
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
血液型 O型

キンバリー・ウィリアムズ=ペイズリーKimberly Williams-Paisley1971年9月14日 - )はアメリカ合衆国の女優、映画監督、映画プロデューサー、テレビ・ディレクター。『花嫁のパパ』で人気が出ていくつかの賞にノミネートされ『花嫁のパパ2』に発展した。また『[[::en:According to Jim|According to Jim]] 』の主演の1人である。

テレビ・ドラマ、『ハリウッド・ナイトメア』、『[[::en:George Lopez (TV series)|George Lopez]] 』、『[[::en:Less than Perfect|Less than Perfect]] 』などにゲスト出演。またテレビ映画『[[::en:Safe House (1998 film)|Safe House]] 』、『[[::en:The Christmas Shoes (film)|The Christmas Shoes]] 』、『[[::en:Lucky 7 (film)|Lucky 7]] 』の出演でも知られる。短編映画Shade 』では主演のローラ・パーカー役の他、脚本と監督もしている。

カントリー・ミュージシャンのブラッド・ペイズリーと結婚し、2人息子がいる。妹のアシュレー・ウィリアムズも女優である。

生い立ち[編集]

ニューヨーク州ライで健康科学作家の父ガーニー・ウィリアムズ3世と銀行員の母リンダ・バーバラ(旧姓ペイン)の間に生まれた[1][2]。女優の妹アシュレイと兄弟のジェイがいる。彼女は13歳からショービジネスの世界にいる。1989年、ライ高等学校のミュージカル・レヴューを演出。ノースウェスタン大学2年生の時、1991年の映画『花嫁のパパ』出演のため一旦大学を離れたが、復学し演劇学士を取得。大学時代は社交クラブ[[::en:Alpha Phi|Alpha Phi]] に所属。

経歴[編集]

彼女はスティーヴ・マーティンダイアン・キートン主演の『花嫁のパパ』(1991年)と『花嫁のパパ2』(1995年)で娘役のアニー・バンクス役で知られる。また『[[::en:The 10th Kingdom|The 10th Kingdom]] 』のヴァージニア役で主演した。

2001年から2008年、ABCシットコムAccording to Jim 』のダナ役で7年間出演。第7シーズンで降板したが、2009年放送の最終回に再度出演。1997年2月から1998年6月、『ドライビング Miss デイジー』原作で知られるアルフレッド・ウーリー作の舞台『[[::en:The Last Night of Ballyhoo|The Last Night of Ballyhoo]] 』のサニー役でアリヤ・バレイキスの代役となった[3]

プライベート[編集]

1990年代後期、テニス選手のピート・サンプラスと交際していた[4]。2003年3月、カントリー歌手のブラッド・ペイズリーと結婚[5]。2007年2月22日、テネシー州ナッシュビルで長男ウィリアム・ハックルベリー・ペイズリー(愛称ハック)を出産[6]。2009年4月17日、次男ジャスパー・ウォレン・ペイズリーを出産[7]

出演映画[編集]

映画
題名 特記事項
1991 花嫁のパパ

[[::en:Father of the Bride (1991 film)|Father of the Bride]]

アニー・バンクス

Annie Banks

1992 紅の豚

[[::en:Porco Rosso|Porco Rosso]]

フィオ・ピッコロ

Fio Piccolo (声)

英語版
1993 Samuel Beckett Is Coming Soon Kim
インディアン・サマー/タマワクの英雄たち

[[::en:Indian Summer (1993 film)|Indian Summer]]

グウェン・ドハティ

Gwen Daugherty

1995 ヤング・ヒットマン

[[::en:Coldblooded (film)|Coldblooded]]

ジャスミン

Jasmine

花嫁のパパ2

[[::en:Father of the Bride Part II|Father of the Bride Part II]]

アニー・バンクス=マッケンジー

Annie Banks-MacKenzie

1996 戦場の記憶

[[::en:The War at Home (film)|The War at Home]]

カレン・コリア

Karen Collier

1998 デンジャラス・ラン

[[::en:Safe House (1998 film)|Safe House]]

アンディ・トラヴィス

Andi Travers

Just a Little Harmless Sex Allison
1999 Elephant Juice Dodie
1999 背信の行方

[[::en:Simpatico (film)|Simpatico]]

若い頃のロージー

Young Rosie

2002 彼女の恋からわかること

[[::en:Ten Tiny Love Stories|Ten Tiny Love Stories]]

Five 第5話『旅の想い出』
[[::en:The Christmas Shoes (film)|The Christmas Shoes]] Maggie Elizabeth Andrews
2006 Shade Laura Parker 短編
How to Go Out on a Date in Queens Amy
ミミズ・フライの食べ方

[[::en:How to Eat Fried Worms (film)|How to Eat Fried Worms]]

母親

Mom

マーシャルの奇跡

[[::en:We Are Marshall|We Are Marshall]]

サンディ・レンゲル

Sandy Lengyel

2007 Eden Court Bonnie Duncan

出演テレビ番組[編集]

テレビ
題名 特記事項
1990 [[::en:ABC Afterschool Special|ABC Afterschool Special]] Vanessa エピソード: 『Stood Up!
1994 ハリウッド・ナイトメア

[[::en:Tales from the Crypt (TV series)|Tales from the Crypt]]

Hiley Zeller エピソード: 『The Bribe
1996 [[::en:Jake's Women|Jake's Women]] Molly テレビ映画
1996 [[::en:Relativity (TV series)|Relativity]] Isabel Lukens 7エピソード
2000 [[::en:The 10th Kingdom|The 10th Kingdom]] Virginia Lewis テレビ・ミニシリーズ
2001 ホールマーク・ホール・オブ・フェイム

[[::en:Hallmark Hall of Fame|Hallmark Hall of Fame]]

Dianne Parker-McCune エピソード: 『[[::en:Follow the Stars Home|Follow the Stars Home]]
2001–2009 [[::en:According to Jim|According to Jim]] Dana 165エピソード
2002 [[::en:The Christmas Shoes (film)|The Christmas Shoes]] Maggie Andrews テレビ映画
2003 [[::en:Lucky 7 (film)|Lucky 7]] Amy Myer テレビ映画
2004 Identity Theft: The Michelle Brown Story Michelle Brown テレビ映画
[[::en:George Lopez (TV series)|George Lopez]] Vanessa Brooks エピソード: 『E.I.? E.I. OH
2005 [[::en:Less than Perfect|Less than Perfect]] Laura エピソード: 『Get Away
2008 [[::en:Wonder Pets|Wonder Pets]] Mama Armadillo (声) エピソード: 『Save the Armadillo
ボストン・リーガル

[[::en:Boston Legal|Boston Legal]]

Attorney Elisa Brooks エピソード: 『Last Call
2010 [[::en:Amish Grace|Amish Grace]] Ida Graber テレビ映画
2012 救命医ハンク セレブ診療ファイル

[[::en:Royal Pains|Royal Pains]]

Sam Chard エピソード: 『Business and Pleasure
ナッシュビル

[[::en:Nashville (2012 TV series)|Nashville]]

ペギー・サンパー

Peggy Samper

出演以外の作品[編集]

出演以外の作品
題名 特記事項
2003 [[::en:Lucky 7 (film)|Lucky 7]] 共同プロデューサー
2004 Identity Theft: The Michelle Brown Story 共同プロデューサー
2006 Shade プロデューサー、ディレクター、脚本
2001–2009 [[::en:According to Jim|According to Jim]] 3エピソードのディレクター
2007 Numero Dos ディレクター、脚本
2010 When Mom's Away エグゼクティヴ・プロデューサー

受賞歴[編集]

ハートランド映画祭

  • 2006年: 受賞, クリスタル・ハート賞最優秀ドラマティック短編映画賞 - 『Shade
  • 2006年: 受賞, ヴィジョン賞最優秀短編映画賞 - 『Shade

MTVムービー・アワード

  • 1993年: ノミネート, 最優秀演技賞 - 『花嫁のパパ』

サテライト賞

  • 1997年: ノミネート, 最優秀演技賞テレビドラマ女優部門 - 『Relativity

セドナ国際映画祭

  • 2006年: 受賞, 最優秀演技賞および監督賞 - 『Shade

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Kimberly Williams Biography (1971-)”. Filmreference.com. 2012年8月20日閲覧。
  2. ^ “Gurney Williams 3d, Yale '63, Weds Linda Payne in Mt. Kisco”. The New York Times. (1967年6月25日). http://select.nytimes.com/gst/abstract.html?res=F70911F73E5910728DDDAC0A94DE405B878AF1D3 
  3. ^ The Broadway League. “The Last Night of Ballyhoo | IBDB: The official source for Broadway Information”. IBDB. 2012年8月20日閲覧。
  4. ^ jrp@dial.pipex.com. “Kimberly Williams Speed-the-plow Times interview”. Dspace.dial.pipex.com. 2012年8月20日閲覧。
  5. ^ Brad Paisley & Kimberly Williams Expecting”. people.com (2006年9月19日). 2009年12月6日閲覧。
  6. ^ CMT: News: Brad Paisley Announces Son's Name
  7. ^ Brad Paisley (2009年4月20日). “The Paisleys Reveal Newborn Son's Name! - Babies, Brad Paisley”. People.com. 2012年8月20日閲覧。

外部リンク[編集]