キム・マナーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キム・マナーズ
Kim Manners
生年月日 1951年1月13日
没年月日 2009年1月25日(満58歳没)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州ロサンゼルス
職業 テレビプロデューサー監督俳優
活動期間 1978年 - 2009年
家族 サム・マナーズ(父)
ケリー・A・マナーズ(兄弟)

キム・マナーズKim Manners, 1951年1月13日 - 2009年1月25日)は、アメリカ合衆国テレビプロデューサー監督子役である。『Xファイル』、『スーパーナチュラル』を監督したことで知られる。

生い立ちと家族[編集]

ショービジネス一家で育つ。父のサム・マナーズは『The Wild Wild West』や『ルート66』を監督したことで知られる[1]。幼少の頃は子役として活動し、3歳の時にシボレーのコマーシャルでデビューした。父親やウィリアム・ボーディン監督の現場でも活動し、ボーディンの勧めで監督業を志すようになった[2]。弟のケリーも監督であり、『エンジェル』、『バフィー 〜恋する十字架〜』、『ドールハウス』などに参加した[3]。姉妹のタナもテレビ監督である[4]

キャリア[編集]

1978年に『チャーリーズ・エンジェル』のエピソードで監督デビューした。それに先立ち、同便組でユニット・プロダクション・マネージャーやほかのプロジェクトでアシスタントディレクターを務めていた[2][5]。他に『21ジャンプストリート』、『新スパイ大作戦』、『新スタートレック』、『ベイウォッチ』、『The Adventures of Brisco County, Jr.』、『ザ・コミッシュ』を監督した[5]

『21ジャンプストリート』でジェームズ・ウォングレン・モーガンと出会い、またロブ・ボウマンの勧めもあったことにより『Xファイル』には第2シーズンより参加した[2]。プロデューサーも兼任し、エミー賞には4度ノミネートされた[5]。2005年より始まった『スーパーナチュラル』では監督の他に製作総指揮も務めた[5]

死去[編集]

2009年1月25日、カリフォルニア州ロサンゼルスにて58歳のときに肺癌で亡くなった[6][7]

参考文献[編集]

  1. ^ IMDB Profile: Sam Manners”. 2007年3月23日閲覧。
  2. ^ a b c Hurwitz, Matt (2002年3月). “Directing the X-Files”. DGA Magazine. http://www.dga.org/news/v26_6/feat_kimmanners.php3 2007年3月23日閲覧。 
  3. ^ IMDB Profile: Kelly A. Manners”. 2007年3月23日閲覧。
  4. ^ IMDB Profile: Tana M. Manners”. 2007年3月23日閲覧。
  5. ^ a b c d IMDB Profile: Kim Manners”. 2007年3月23日閲覧。
  6. ^ Zap2it
  7. ^ TV guide

外部リンク[編集]