キスム (カウンティ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
キスム (カウンティ)

スワヒリ語:Wilaya ya Kisumu
ルオ語:Kisumo Pacho
カウンティ
ビクトリア湖から望むキスム市
キスム (カウンティ)の公式ロゴ
愛称: 
Kisumo
キスム (カウンティ)の位置
キスム (カウンティ)の位置
ケニアの旗 ケニア
副郡の数 7
新設 2013年3月4日
中心都市 キスム
行政
 • 種別 民主制
 • 知事 Jakton Ranguma (ODM)
 • 副知事 Ruth Odinga
 • 上院議員 ピーター・アニャン・ニョンゴ英語版
 • 女性代表 Rose Nyamunga
面積
 • 合計 2,085.9km2
最低標高
1,133m
人口
(2009年)
 • 合計 968,879人
 • 密度 460/km2
等時帯 UTC+3 (東アフリカ時間)
ウェブサイト kisumu.go.ke

キスム (カウンティ)(スワヒリ語:Wilaya ya Kisumu)(ルオ語:Kisumo Pacho)は、ケニア南西部のニャンザ州北東部のカウンティ。 中心都市はキスム。 面積は2085.9km2、2009年の人口は96万8879人、人口密度は464.5人/km2。 西はビクトリア湖に面する。

人口[編集]

キスム (カウンティ)の人口密度

隣接カウンティ[編集]

主要都市[編集]

語源[編集]

キスムはルオ語で「交易所」を表す。

地理[編集]

東部にナンディ絶壁、中部にカノ平野、西部に向かい丘になっている。 カノ平野には肥沃な黒綿土が広がる。 主にキシアン地区に多くの残丘が分布する。 主にセメ副郡でキトゥ・ミカイ英語版が見られる。

気候[編集]

  • 年間平均降水量:1200~1300mm
  • キスム雷雨が多い。
  • 雨季の午後の中頃に雨が多い。
  • 年間平均気温:23.0℃
  • 気温推移:20.0~35.0℃
  • 湿度は一年を通して比較的高い[1]

政治[編集]

現在の知事であるジャクトン・ラングマに知事選で敗れたルス・オディンガは、第2代首相のライラ・オディンガの妹である。

経済[編集]

漁業[編集]

ビクトリア湖の湖面に布袋葵が茂っている。

ビクトリア湖布袋葵が繁殖した事で、漁獲高が減っている。

農業[編集]

カノ平野ではニャンド川の水で灌漑を行いを栽培している。 ニャンド川は毎年洪水を起こし多くの住民が行方不明になるが、同時に肥沃な土地を齎す。 カノ平野の北端~東端では砂糖黍を栽培している。 他にも大豆薩摩芋が栽培される。

工業[編集]

キスム市と周辺地域では軽工業工場が幾つか存在する。 繊維糖蜜、魚や農作物の加工を行っている。 キボス町、ミワニ町、チェメリル町、ムホロニ町には砂糖黍工場が有る。

サービス[編集]

キスム市はケニア西部の商業の中心地である。

交通・通信[編集]

交通[編集]

ビクトリア湖の水上交通

通信[編集]

携帯電話が普及している。

の4社が主要通信企業である。

観光[編集]

教育[編集]

ナイロビ大学キスム・キャンパス
  • ナイロビ大学
  • マセノ大学
  • 大湖大学
  • キスム技術大学

民族[編集]

言語[編集]

ルオ語が支配的だが、スワヒリ語英語もカウンティ外の人と話す場合に用いられる。

著名人[編集]

1981年のロバート・オウコ


脚注[編集]

外部リンク[編集]

座標: 南緯0度15分 東経34度55分 / 南緯0.250度 東経34.917度 / -0.250; 34.917