ミゴリ (カウンティ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ミゴリ
英語:Migori County
スワヒリ語:Wilaya ya Migori
—  カウンティ  —
アウェンド町近郊
ミゴリの位置
ケニアの旗 ケニア
新設 2013年3月4日
中心都市 ミゴリ英語版
行政
 - 知事 Zachary Obado
面積
 - 計 2,586.4km2 (998.6mi2)
人口 (2009年)
 - 計 917,170人
等時帯 東アフリカ時間 (UTC+3)
ウェブサイト migori.go.ke
集会場
砂糖黍の収穫
ミゴリ市の風景

ミゴリスワヒリ語:Wilaya ya Migori)は、ケニア南西部の旧ニャンザ州南西部のカウンティ。中心都市はミゴリ英語版。面積は2586.4km2で、2009年の人口は91万7170人、人口密度は354.6人/km2。

隣接カウンティ[編集]

人口[編集]

民族[編集]

交通[編集]

ミゴリ市はケニアタンザニアの重要な結節点である。

主要都市[編集]

ミゴリ市のムフル湾

指標[編集]

  • 貧困率:43%
  • 年齢構成
    • 0~14歳:49%
    • 15~64歳:48%
    • 65歳~:3%

水域[編集]

経済[編集]

主要産業は農業、漁業、製造業、鉱業である。小規模ながら金も採掘されている。

自然[編集]

植生[編集]

現地語であるルオ語の呼称は Beentje (1994) や Kokwaro & Johns (1998) による。

[編集]

教育[編集]

最終学歴は

  • 中学校以上:15%
  • 小学校:65%
  • 公的教育無し:20%

道路[編集]

  • 総延長:910km

エネルギー[編集]

保健[編集]

4つの郡病院と5つの副郡病院が有る。マラリアHIV下痢上気道感染症英語版が深刻である。

宗教[編集]

住民の大多数がキリスト教を信仰し、そのほとんどがイングランド国教会カトリックに属する。イスラム教徒はミゴリ市に集中し、シーア派スンニ派の両方が存在する。アフリカ伝統宗教はあまり信仰されていないが、一部はキリスト教と融合し、地方で信仰されている。インド人ヒンドゥー教シク教を持ち込み信仰している。

 脚注 [編集]

  1. ^ City Population”. 2016年11月5日閲覧。
  2. ^ City Population”. 2016年11月5日閲覧。
  3. ^ Barstow, M. (2018). Toona ciliata. The IUCN Red List of Threatened Species 2018: e.T31332A68105144. https://doi.org/10.2305/IUCN.UK.2018-1.RLTS.T31332A68105144.en. Downloaded on 18 October 2018.
  4. ^ Beentje (1994).

参考文献[編集]

英語:

 外部リンク [編集]

座標: 南緯0度40分 東経34度50分 / 南緯0.667度 東経34.833度 / -0.667; 34.833