ガルボ (デュオ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ガルボ(GARBO)は、エリザベト音楽大学出身のピアニスト長沼靖子とヴィオラ奏者の沖西慶子により、2005年に広島で結成されたデュオ。現在、全国への出張演奏をはじめ、長崎原爆ホームや国立長崎原爆死没者追悼平和祈念館での演奏などを行うと共に定期コンサート「魅惑の映画音楽」を広島市で開催している。映画音楽を得意とするが、シャンソンタンゴラテン童謡唱歌クラシックなど幅広いレパートリーを持つ。

名前の由来[編集]

ガルボの名前は、サイレント映画の時代から1940年代まで「神聖ガルボ帝国」の呼び名で君臨した女優グレタ・ガルボに由来する。

メンバー[編集]

主な活動[編集]

魅惑の映画音楽
ガルボが2005年より定期的に開催しているコンサート。古今東西の名画の映画音楽を、長沼靖子がピアノとヴィオラのアンサンブル用に編曲し演奏するコンサートであり、2015年11月1日現在、通算48回を数える。映画そのものの背景が分からないと映画音楽の意味も理解しにくいため、演奏とあわせて、映画にまつわる主役、監督、作曲家についてのトークを織り交ぜながら進めるスタイルに特徴がある。

公式サイト[編集]