カール・シューマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
獲得メダル

カール・シューマン
ドイツの旗 ドイツ
オリンピック
男子体操
アテネ 1896 平行棒団体
アテネ 1896 鉄棒団体
アテネ 1896 跳馬
男子レスリング
アテネ 1896 グレコローマン

カール・シューマン(Carl Schuhmann1869年5月12日 - 1946年3月24日)は、ドイツミュンスター出身のスポーツ選手。1896年アテネオリンピックに出場し、レスリング体操競技で金メダルを獲得した。

体操競技には男子の団体のうちの一人として競技に参加し、鉄棒と平行棒で金メダルを獲得した。また、個人でも跳馬競技に参加し、金メダルを獲得した。他にも平行棒鉄棒あん馬つり輪などの競技に参加したが、メダル獲得はならなかった。メダル獲得のならなかった競技の残っている情報はつり輪で5位になったことだけである。

レスリング競技ではほかの参加者に比べてシューマンの体重は軽く身長も低かったものの、金メダルを獲得した。1回戦の相手は重量挙げ競技で金メダルを獲得した強敵のローンセストン・エリオットだったが、勝利を収めた。準決勝となる試合はドイツの選手に不戦勝で決勝に進んだ。決勝の相手はギリシャのゲオルギオス・テシタスで、試合は40分を超す長い試合となり、決着がつく前に辺りが暗くなってきたために次の日に延期された。翌朝、シューマンは開始後すぐに勝利し、金メダルを獲得した。

他にも、重量挙げ走り幅跳び砲丸投げに参加したもののメダルを獲得することはできなかった。

外部リンク[編集]