カンダウレス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
『カンダウレス』(ジャン=レオン・ジェローム作)

カンダウレス(Κανδαύλης)は、リュディア王国ヘラクレス朝最後の王。メルムナデス朝英語版の創始者ギュゲス英語版により王位を簒奪された。推定される在位期間は紀元前733‐716年、または紀元前728‐711年、または紀元前680年頃没。


来歴[編集]

本名はサデュアッテス(日本語では「強き父」の意のリュディア語)といわれる。のちのリディア王サデュアッテスと区別するため、サデュアッテス1世とも呼ばれる。古代ギリシアの歴史家ヘロドトスによれば、ギリシア人はカンダウレスをミュルシロスと呼んでいたという。一般に知られる「カンダウレス」は宗教名であるとされる。

カンダウレスはヘラクレスの子孫を名乗るヘラクレス朝最後の王であった。父王はメレス(またはミュルソス)である。王妃にそそのかされたメルムナデス朝の創始者ギュゲス英語版により殺され、王位と妻を奪われた。

伝説[編集]

ヘロドトスの『歴史』第1巻第8‐13節によれば、ギュゲスはカンダウレスの年下の友人であったという。自分の妻ニュッシア(別伝によればルド)の美しさを自慢するあまり、カンダウレスはギュゲスに妻の裸体を見させた。怒った妻はギュゲスに対し、自殺するか王を殺して王位と自分とを我が物とするかを迫ったという。

別の伝説によれば、ギュゲスは自分の姿を見えなくさせる魔力を持つギュゲースの指輪を用いてカンダウレスを殺したという。

この題材は近代の小説などに何度も取り上げられている。フリードリヒ・ヘッベルの『ギューゲスと彼の指輪』、テオフィル・ゴーティエの『カンダウレス王』、アンドレ・ジッドの同名作、アレクサンダー・フォン・ツェムリンスキーオペラカンダウレス王』である。

文献[編集]

外部リンク[編集]


先代:
メレス
リュディア
紀元前728‐711年
次代:
ギュゲス