カルメン・カルボ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はカルボ第二姓(母方の)はポジャトです。
カルメン・カルボ
María del Carmen Calvo Poyato
Carmen Calvo en el primer consejo de ministros del gobierno de Sánchez.png
生年月日 (1957-06-09) 1957年6月9日(62歳)
出生地 スペインの旗 スペインコルドバ県カブラ英語版
出身校 セビリア大学
コルドバ大学
前職 大学教員(法学)
所属政党 スペイン社会労働党(PSOE)

スペインの旗 文化大臣
在任期間 2004年4月18日 - 2007年7月9日

在任期間 2018年6月7日 -
テンプレートを表示

マリーア・デル・カルメン・カルボ・ポジャトスペイン語: María del Carmen Calvo Poyato, 1962年11月9日 - )は、スペインコルドバ県カブラ英語版出身の政治家スペイン社会労働党 (PSOE) 所属。2004年から2007年までホセ・ルイス・ロドリゲス・サパテロ内閣で文化大臣を務めた。2018年6月7日からペドロ・サンチェス内閣でスペインの副首相英語版を務めている。

経歴[編集]

2018年6月に発足したサンチェス内閣(カルボは前列左から3番目)

1962年11月9日にアンダルシア地方コルドバ県カブラ英語版に生まれた。セビリア大学法学の学位を取得し、コルドバ大学憲法学の博士号を取得した[1]。コルドバ大学では憲法学の教員となり、1990年から1994年にはコルドバ大学の法学部の副学部長を務めた[2]。1992年から1996年にはアンダルシア犯罪学研究所の研究員でもあった[3]。1996年から2004年まではアンダルシア州政府に勤めた。同時期のスペイン社会労働党 (PSOE) の党首はマヌエル・チャベス・ゴンサーレス英語版である。

2000年3月のアンダルシア州議会議員選挙には社会労働党の候補として、コルドバ県選挙区から出馬して当選した。アンダルシア州議会議員としては2004年まで1期を務めている。2004年3月の2004年スペイン議会総選挙には社会労働党の候補として、コルドバ県選挙区から出馬してスペイン下院議員に当選した。この選挙では社会労働党が国民党(PP)から政権を奪い返し、ホセ・ルイス・ロドリゲス・サパテロが新たな首相に就任。4月18日にはサパテロ内閣でカルボは文化大臣に任命された。下院議員としては2011年まで2期を務めている。

2018年5月には国民党のマリアーノ・ラホイ首相の不信任案が賛成多数で可決され、後任の首相にはスペイン社会労働党 (PSOE) のペドロ・サンチェスが就任した。6月7日に発足したサンチェス内閣には女性や民間出身者が多数起用され、カルボは副首相英語版、首相府大臣、男女共生大臣に就任した。副首相の前任者はソラヤ・サエンス・デ・サンタマリーア

2020年3月25日、2019新型コロナウイルスに感染したことが明らかになった[4]

脚注[編集]

  1. ^ El primer gobierno de Zapatero”. エル・ムンド (2004年4月). 2018年8月1日閲覧。
  2. ^ Carmen Calvo”. エル・パイス (2011年11月14日). 2018年8月1日閲覧。
  3. ^ Perfil de Carmen Calvo Web Comisión Ejecutiva del PSOE”. スペイン社会労働党 (2017年). 2018年8月1日閲覧。
  4. ^ Carmen Calvo, positivo por coronavirus” (スペイン語). abc (2020年3月25日). 2020年4月1日閲覧。