カカボラジ山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
カカボラジ山
ခါကာဘိုရာဇီ
最高地点
標高 5,881 m (19,295 ft) [1]
総称 ミャンマー最高峰
座標 28°19′42″N 97°32′08″E / 28.32833°N 97.53556°E / 28.32833; 97.53556座標: 28°19′42″N 97°32′08″E / 28.32833°N 97.53556°E / 28.32833; 97.53556
地形
所在地 ミャンマーカチン州
中華人民共和国チベット自治区
インドアルナーチャル・プラデーシュ州
所属山脈 ヒマラヤ山脈
登山
初登頂 1996年9月15日
最容易
ルート
氷雪登山
Project.svg プロジェクト 山
カカボラジ山
各種表記
繁体字 開加博峰
簡体字 开加博峰
拼音 Kāijiābó Fēng
発音: カイチアポーフェン
テンプレートを表示
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細

カカボラジ山ビルマ語: ခါကာဘိုရာဇီ、Hkakabo Razi、発音 [kʰàkàbò ɹàzì])は、ミャンマー北部のカチン州最北部に位置する標高5,881mの山。ミャンマーの最高峰で、東南アジアの最高峰でもある。1996年に日本の尾崎隆とミャンマーのニャマ・ギャルツェンが初登頂した。

山頂から、北と東は中国、西はインドの各国境まで約30㎞である。ふもとは低地の熱帯であるが、標高4,600m以上では氷河に覆われ、多様な自然環境を見ることができる。山頂はカカボラジ国立公園内にある。ヒマラヤ山脈の遠い支脈に位置する山である[2][3]

環境保護[編集]

カカボラジ山は1996年1月30日に自然保護区、1998年11月10日に国立公園に指定された。カカボラジ国立公園は、ミャンマーで最も生物多様性に富む地域である。並はずれて豊かな動物相と植物相に恵まれ、熱帯の低地から高山まで、まだ調査と同定がおよんでいない種が存在する。研究がほとんど手つかずであることから、植物学地質学動物学地理学の研究者にとって格好の実地研究の対象となっている。

この国立公園は全体として山岳からなっており、常緑広葉樹の多雨林が広がる標高2400mから2700mの亜熱帯性温帯圏から半落葉広葉樹林、さらに常緑針葉樹の降雪林に至る多様な植生によって特徴づけられる。最も標高の高い3400m以上の森林帯は高山性で、植生のみならず歴史や起源の点からもほかの森林とは異なる。さらに上がって4600mを超えると、万年雪氷河に覆われた寒冷で、不毛な、吹きさらしの地形になる。5300m付近には大きな氷帽が存在する。

1997年から翌年にかけて、林野局がニューヨークの野生動物保護協会の支援を受けて研究を行った。その結果は1999年10月25日から29日にかけてミャンマーのプタオで開催された、国際総合山岳開発センター (ICIMODのワークショップ「東ヒマラヤのカカボラジ山の生態系の保存に関する地域会議」で発表された。2001年にはサンフランシスコカリフォルニア科学アカデミーナショナルジオグラフィック協会ハーバード大学中国科学院、ミャンマー林野省からなる国際的・学際的な科学者チームが研究を行った。チームのリーダーであったカリフォルニア科学アカデミーの爬虫両棲類学者、ジョゼフ・スロウィンスキは2001年9月11日、現地でアマガサヘビにかまれて亡くなった。

2002年から2003年にはカリフォルニア科学アカデミーの人類学者P・クリスチャン・クリーガーと写真家のドン・リンがカカボラジ地域を踏査し、初めて人類学的な調査に成功した。二人は徒歩で、登山家のニャマ・ギャルツェン(後述)を含む200人ほどのカンパ・チベット人が住むミャンマー最北端の村、タハウンダムに到達した[4]

ミャンマー当局はエコツーリズムを通じて、この地方を一般大衆に開放しつつある。政府は開発のための情報を収集しているため、多くの科学的調査はすでにこの地方から受け入れられている。

カカボラジ山を訪れたことのある西洋人は、わずかしかいない。アルン・ドゥン渓谷を徒歩で通った最初の西洋人は、おそらくクランブルック卿とリチャード・コールバックである。

登山情報[編集]

1996年9月15日に、日本尾崎隆ミャンマーのニャマ・ギャルツェン"Nyima Gyaltsen"(ビルマ名はアウン・ツェ"Aung Tse")が初登頂を果たした。尾崎は当初、1995年に登頂を試みたが、悪天候のため引き返していた。尾崎はエベレスト山に登山中の2011年5月14日に亡くなった。ベースキャンプまでは長く(4週間かかる)、そのうえ密林を通り、橋のかかっていない多くの小川を渡ることから、困難な道のりが続く。1993年まで、この地域は外国人の立ち入りが認められていなかった。

脚注[編集]

  1. ^ "Hkakabo Razi, Myanmar/China" on Peakbagger.com Retrieved 28 September 2011
  2. ^ The Columbia Encyclopedia, Sixth Edition[リンク切れ]
  3. ^ Hkakabo Razi summary
  4. ^ Klieger, P. Christiaan (2006). “A Tale of the Tibeto-Burman 'Pygmies'”. In P. Christiaan Klieger. Proceedings of the Tenth Seminar of the IATS, 2003, Volume 2 Tibetan Borderlands. Leiden: Brill Academic Press. ISBN 978-90-04-15482-7. 

外部リンク[編集]