ノーマルルート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

登山においてノーマルルート英語: normal route)、通常ルートとは、あるにおいて登頂に最もよく用いられるルート(登山道)のことである。通常は、最も難易度が低いルートがノーマルルートとなる[1][2]。ノーマルルート以外のルートをバリエーションルートという。

一方で、無雪期の日本の山では、どれだけ登られているかに関わらず、ある程度整備されて特殊な技術なしで登れる登山道を一般登山道(一般道、一般ルート)と呼び、それ以外のルートをバリエーションルートと呼ぶ。

アルプス山脈では、ルートは難易度等に応じて以下のように分類されている。

山によっては、ノーマルルートが最も難易度が低いルートではない場合もある。ヴァッツマン英語版ホッホカルター英語版ヴァッツェシュピッツェ英語版、そしてエベレストがこの例に当てはまる。最容易ルートがあまり使われない理由は色々ある。

  • 最容易ルートがノーマルルートほど知られていない(ヴァッツマン)
  • 最容易ルートは他の要因(瓦礫など)で使用が困難であり、主に下山時に使用される(ホッホカルター)
  • 最容易ルートは落石や雪崩などの危険性がはるかに高い(ヴァッツェシュピッツェ)
  • 最容易ルートは、複雑または長いアプローチが必要になる。あるいは、通過する国で使用が禁止されている(エベレスト)

ノーマルルートについて「観光ルート」(tourist route)という用語が、(登山の難易度に関係なく)他のルートが「もっと価値がある」と主張したい人によって使用されることがある。そのような人々は、自分たちは真面目な登山家であると認識し、観光登山客は自分たちの領域を邪魔する者だとして自分たちと区別するために、「ノーマルルート」を侮蔑する[3]

脚注[編集]

  1. ^ The Mountain Encyclopedia" by Frederic Hartemann and Robert Hauptman (2005). Accessed on 1 Jun 2014.
  2. ^ BMG Route Card: Voie Normale - Piz Buin”. www.ukclimbing.com. 2016年3月3日閲覧。
  3. ^ Musa, Ghazali; Higham, James; Thompson- Carr, Anna (June 2015). Mountaineering Tourism. Routledge. p. 52. ISBN 9781317668749. https://books.google.com/books?id=gFnLCQAAQBAJ&pg 2016年3月3日閲覧。.