オール・オブ・ミー (曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

オール・オブ・ミー』(All of Me)は、ジェラルド・マークスセイモア・シモンズが1931年に作曲したポピュラーソングでありまたジャズ・スタンダードである。

最初ベル・ベイカーにより録音され、ポール・ホワイトマンとルイ・アームストロングによる1932年のレコードで大ヒットし、その時代の最も録音された歌の1つになった。ジョニー・レイによる1952年の再演も成功した。

著名なヴァージョンはビリー・ホリデイルイ・アームストロングミルドレッド・ベイリーベニー・グッドマンテディ・ウィルソンの1941年、カウント・ベイシー・オーケストラエラ・フィッツジェラルドサラ・ヴォーンディーン・マーティンフランク・シナトラフランキー・レインデラ・リーズジョニー・レイジャンゴ・ラインハルトウィリー・ネルソンジャン・フライ・シドウェルマイケル・ブーブレロッキン・ベリーズ等がある。 1970年代のテレビショウサンフォード・アンド・サン のエピソードでは、レッド・フォックススキャットマン・クローザースによるギター参加)が短いが記憶に残るヴァージョンを歌う。『オール・オブ・ミー』はまたマペット・ショー のエピソードでポール・ウィリアムズとともに2頭のモンスターにより歌われる。この歌は1984年のスティーヴ・マーティン/リリー・トムリン同じ名前の映画で顕著に取り上げられている。さらに近年、ピア・ザドラアン・マレージェイソン・ダニエリーにより録音された。また、この歌のパンク・ロック演奏がNOFXにより録音された。チェルシー・クロムバッハはこの歌を彼女のデビューアルバムLook for the Silver Lining のために歌った。ローレンス・ジュバーはまたこの歌を全てアコースティックのヴァージョンで彼の演奏により歌い録音した。それは彼の2007年のアルバムPCH で取り上げられた。マイケル・ブーブレは彼のアルバムクレイジー・ラヴ でそれのカヴァーを発表した。

ジャズの変遷[編集]

『オール・オブ・ミー』はリアル・ブックのほとんどの版にある。通常スウィング・フィールで演奏する。

関連項目[編集]