オーブンレンジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

オーブンレンジとは、オーブン電子レンジを兼ねた調理器具[1][注釈 1]。「コンビネーション(オーブン)レンジ」または「電子レンジ機能付オーブン」とも呼ばれる。電子レンジには出来ない焼くという調理を、電熱線やガス燃焼などの熱源でオーブンと同様に行う、オーブンと電子レンジの複合機。中には電子レンジ機能とオーブン機能を合わせた調理ができる製品もある[3]。この製品が現在では家電各社の電子レンジの主力となったが、価格の安さや簡素な使いやすさから、単機能の電子レンジおよびオーブンは今でもよく使われている。

このような、オーブンレンジが普及しているのは、日本が中心である。欧米では、キッチン電気コンロ電磁調理器などの下に、組み込み式のオーブンがある事が多い。このため、欧米では単機能な電子レンジが主流で、複合機であるオーブンレンジはほとんど普及していない。

オーブンレンジは、オーブンと同義語として使われることもある。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ オーブンレンジは和製英語であり[1]、英語ではcombination microwave and (gas or electric bar) oven[2]

出典[編集]

  1. ^ a b 坂田俊策 『NHKカタカナ英語うそ・ほんと』、1988年5月20日、32頁。
  2. ^ オーブンレンジ”. Linguee辞書. DeepL GmbH. 2017年10月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月20日閲覧。
  3. ^ H 6800 BM 電子レンジ機能付きオーブン”. ミーレ. 2017年10月20日閲覧。

関連項目[編集]