オレグ・チルクノフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
オレグ・チルクノフ
Олег Анатольевич Чиркунов
Олег Чиркунов & Путин 2.jpg
ウラジーミル・プーチン(左)と会談するチルクノフ(2005年4月15日撮影)
生年月日 (1958-11-15) 1958年11月15日(59歳)
出生地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦 ムルマンスク州キーロフスク
出身校 ペルミ工科大学ペルミ大学法学部
称号 経済学博士候補名誉勲章

在任期間 2005年12月1日 - 2012年4月28日
テンプレートを表示

オレグ・アナトリーエヴィチ・チルクノフロシア語: Олег Анатольевич Чиркунов、ラテン文字転写の例:Oleg Anatolyevich Chirkunov1958年11月15日 - )は、ロシア政治家ペルミ地方知事ムルマンスク州キーロフスク出身[1]。ペルミには1967年に移る[1]

経歴・概要[編集]

1981年ペルミ工科大学を、1988年ペルミ大学法学部をそれぞれ卒業する。1990年イヴァノヴォ大学経済学博士候補号を取得。

1991年から1994年駐在スイス貿易代表を経て、ビジネスグループ「Eks」で働く。1997年から2000年までペルミ州議会副議長。ペルミ州代表としてロシア連邦議会上院連邦会議議員。2004年3月25日、ペルミ州知事代行に任命される[1][2]2005年ペルミ州とコミ・ペルミャク自治管区が合併しペルミ地方が発足すると12月1日、初代知事に就任した[3]

2012年4月28日ドミートリー・メドヴェージェフ大統領により知事を解任される[4][5]

知事を辞した後は、エコノミストとして内外の大学等で教鞭をとっている[6]

脚注[編集]

外部リンク[編集]

先代:
(初代)
Flag of Perm Krai.svg ペルミ地方知事
2005年 - 2012年
次代:
ヴィクトル・バサルギン