オレアミド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
オレイン酸アミドから転送)
移動先: 案内検索
オレアミド
識別情報
CAS登録番号 301-02-0 チェック
PubChem 5283387
ChemSpider 4446508 チェック
UNII 7L25QK8BWO チェック
J-GLOBAL ID 200907086661311055
EC番号 206-103-9
KEGG C19670
ChEBI CHEBI:116314 ×
ChEMBL CHEMBL15927 チェック
284
特性
化学式 C18H35NO
モル質量 281.48 g mol−1
外観 象牙色、粉末
密度 0.94 g/cm3
融点

76 °C, 349 K, 169 °F

沸点

200 °C, 473 K, 392 °F

への溶解度 不溶
エーテルへの溶解度 可溶
危険性
安全データシート(外部リンク) モデルデータシート
NFPA 704
NFPA 704.svg
0
1
0
引火点 205 °C (401 °F; 478 K)
出典
PubchemモデルデータシートTOXNET
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

オレアミド(または、オレイン酸アミド) はオレイン酸アミド化合物。睡眠を途絶した猫から分離された内因性物質で、脳脊髄液に蓄積して睡眠を誘導すると考えられている。[1] また、カンナビノイド受容体(CB1)の内因性アゴニストである。[2] 気分障害や睡眠障害、うつの治療候補薬として研究がなされている。[3][4]

オレアミドは合成樹脂添加剤としても利用されることがあり、研究で用いられているプラスチック製の実験器具から溶媒中に漏れだし一部の研究結果に影響を与えているとの報告がある。[5]


関連項目[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Salvador Huitron-Resendiz, Lhys Gombart, Benjamin F. Cravatt, and Steven J. Henriksen (2001). “Effect of Oleamide on Sleep and Its Relationship to Blood Pressure, Body Temperature, and Locomotor Activity in Rats”. Experimental Neurology 172 (1): 235–243. doi:10.1006/exnr.2001.7792. PMID 11681856. 
  2. ^ James D Leggett1, S Aspley, S R G Beckett, A M D'Antona, D A Kendall and D A Kendall (Jan 2004). “Oleamide is a selective endogenous agonist of rat and human CB1 cannabinoid receptors”. British Journal of Pharmacology 141 (2). doi:10.1038/sj.bjp.0705607. http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1038/sj.bjp.0705607/full 2016年3月27日閲覧。. 
  3. ^ Methods of treating anxiety and mood disorders with oleamide - US Patent 6359010
  4. ^ Raphael Mechoulam, Ester Fride, Lumír Ondřej Hanuš, Tzviel Sheskin, Tiziana Bisogno, Vincenzo Di Marzo, Michael Bayewitch and Zvi Vogel (1997). “Anandamide may mediate sleep induction”. Nature 389 (6646): 25–26. doi:10.1038/37891. PMID 9288961. 
  5. ^ G. Reid McDonald, Alan L. Hudson, Susan M. J. Dunn, Haitao You, Glen B. Baker, Randy M. Whittal, Jonathan W. Martin, Amitabh Jha, Dale E. Edmondson, Andrew Holt (Nov 2008). “Bioactive Contaminants Leach from Disposable Laboratory Plasticware”. Science 322 (5903). doi:10.1126/science.1162395. http://science.sciencemag.org/content/322/5903/917 2016年3月27日閲覧。.