オットー2世 (バイエルン公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
オットー2世と妻アグネス

オットー2世(Otto II., 1206年4月7日 - 1253年11月29日)は、バイエルン公ライン宮中伯ルートヴィヒ1世ボヘミアベドジフの娘ルドミラの子。

1222年ライン宮中伯ハインリヒ6世ハインリヒ獅子公の孫)の妹アグネスとヴォルムスで結婚。この縁が元でライン宮中伯とバイエルン公はオットー2世の子孫に代々受け継がれていく事になる。ホーエンシュタウフェン朝に忠実であり、神聖ローマ皇帝フリードリヒ2世の次男コンラート4世に娘のエリーザベトを娶わせている。

1253年、ランツフートで死去。遺領は長男のルートヴィヒ2世と次男のハインリヒ13世が共同統治する事になったが、1255年に分割、ルートヴィヒ2世はライン宮中伯と上バイエルン公となり、ハインリヒ13世は下バイエルン公として相続した。

家族[編集]

アグネスとの間に5人の子を儲けた。

  1. エリーザベト(1227年 - 1273年) - 1246年ローマ王コンラート4世と結婚、1259年チロル伯兼ケルンテン公マインハルトと再婚。
  2. ルートヴィヒ2世(1229年 - 1294年) - 上バイエルン公、ライン宮中伯。
  3. ハインリヒ13世(1235年 - 1290年) - 下バイエルン公
  4. ゾフィー(1236年 - 1289年) - 1258年にズルツバッハ=ヒルシュベルク伯ゲプハルト4世と結婚。
  5. アグネス(1240年 - 1306年)
先代:
ルートヴィヒ1世
バイエルン公
1231年 - 1253年
次代:
ルートヴィヒ2世(上バイエルン)
ハインリヒ13世(下バイエルン)
先代:
ルートヴィヒ1世
ライン宮中伯
1231年 - 1253年
次代:
ルートヴィヒ2世