ヘルマン6世 (バーデン=バーデン辺境伯)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ヘルマン6世(Hermann VI, 1225年 - 1250年10月4日)は、バーデン=バーデン辺境伯(在位:1243年 - 1250年)。ツェーリンゲン家で、オーストリア公を称した。バーデン=バーデン辺境伯ヘルマン5世ライン宮中伯ハインリヒ5世の娘イルムガルトの長男、ルドルフ1世の兄。

1248年、オーストリア公フリードリヒ2世の姪ゲルトルートと結婚、オーストリア公国シュタイアーマルク州の相続権を要求したが、1250年に25歳の若さで死去し、息子のフリードリヒ1世と弟のルドルフ1世がバーデンを継承した。

子女[編集]

  1. フリードリヒ1世(1249年 - 1268年)
  2. アグネス(1250年 - 1295年) - 1263年にケルンテンウルリヒ3世と結婚、1270年にホインブルク伯ウルリヒ3世(1308年没)と再婚
先代:
ヘルマン5世
バーデン=バーデン辺境伯
1243年 - 1250年
次代:
フリードリヒ1世ルドルフ1世
先代:
フリードリヒ2世
オーストリア公
1248年 - 1250年
次代:
フリードリヒ1世