ハインリヒ13世 (バイエルン公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ハインリヒ13世(Heinrich XIII.,1235年11月19日 - 1290年2月3日)は下バイエルン公。父はバイエルン公兼ライン宮中伯オットー2世、母はハインリヒ獅子公の孫娘アグネス。上バイエルン公ルートヴィヒ2世の弟。

1253年、父の遺領を相続したが、兄と仲違いしてしまい、1255年に領土を分割、ライン宮中伯、上バイエルンはルートヴィヒ2世が、下バイエルンはハインリヒ13世が領有した。ハインリヒ13世はランツフートに移り、ブルクハウゼンで居城建設に取り掛かった。1257年ボヘミア王オタカル2世がバイエルンに遠征したが、この時は兄と協力してボヘミア軍を撃退している。

1290年ブルクハウゼンで死去。下バイエルンは3人の息子オットー3世ルートヴィヒ3世シュテファン1世が継承した。後に長男オットー3世はハンガリー王にも選ばれたが、1340年に下バイエルン系は断絶、甥にあたる神聖ローマ皇帝ルートヴィヒ4世が相続、バイエルンは統合された。

結婚と家族[編集]

1250年ハンガリーベーラ4世の娘エリーザベトと結婚。10人の子をもうけた。

  1. アグネス(1254年 - 1315年) - 修道女
  2. アグネス(1255年 - 1260年)
  3. アグネス(1256年 - 1260年)
  4. エリザベート(1258年 - 1314年) - 修道女
  5. オットー3世(1261年 - 1312年) - 下バイエルン公、ハンガリー王
  6. ハインリヒ(1262年 - 1280年)
  7. ゾフィー(1264年 - 1282年)
  8. カテリーナ(1267年 - 1310年?) - マイセン辺境伯摂政フリードリヒ・トゥタと結婚。
  9. ルートヴィヒ3世(1269年 - 1296年) - 下バイエルン公
  10. シュテファン1世(1271年 - 1310年) - 下バイエルン公
先代:
オットー2世
下バイエルン公
1253年 - 1290年
次代:
オットー3世
ルートヴィヒ3世
シュテファン1世