エンリーケ・ビラ=マタス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
エンリーケ・ビラ=マタス
Enrique Vila-Matas
Vilamatas.jpg
エンリーケ・ビラ=マタス、2005年
誕生 (1948-03-31) 1948年3月31日(71歳)
スペインの旗 スペインバルセロナ
職業 作家映画監督
国籍 スペインの旗 スペイン
代表作 『ポータブル文学小史』
主な受賞歴 メディシス賞外国小説部門(2003)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

エンリーケ・ビラ=マタス(Enrique Vila-Matas, 1948年3月31日 - )は、スペインの作家。バルセロナ生まれ。

来歴[編集]

大学では法律とジャーナリズムを学び、在学中より『フォトグラマス』誌に映画評論を執筆。1970年には自ら監督し映画を二本製作する。同年から兵役に就いたのちは文学への関心が高まり、1974年よりパリで二年間文学を学んだ(パリでの下宿先はマルグリット・デュラスの所有するアパートであった)。

1984年の小説『詐欺』で注目を集め、翌年に発表した『ポータブル文学小史』で国際的に知られるようになった。同作はマルセル・デュシャンマン・レイアレイスター・クロウリーヴァルター・ベンヤミンジョージ・アンタイルなどが「ポータブルなもの」に対する偏愛者として実名で登場する小説である。1999年には『垂直の旅』でベネズエラのロムロ・ガリェーゴス賞を受賞し、作家的地位を不動のものとした。その他の作品に『永遠の家』(1988年)『奇妙な生き方』(1997年)『バートルビーと仲間たち』(2000年)などがある。

日本語訳[編集]