エレオノーラ・マグダレナ・ゴンザーガ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
エレオノーラ・マグダレナ・ゴンザーガ
Eleonora Magdalena Gonzaga
神聖ローマ皇后
Frans Luycx - Eleonora Gonzaga as Diana, Holy Empress, 3rd wife of Ferdinand III.jpg
出生 1630年11月18日
マントヴァ
死去 1686年12月6日
ウィーン
配偶者 神聖ローマ皇帝フェルディナント3世
子女 エレオノーレ・マリア・ヨーゼファ
マリア・アンナ・ヨーゼファ
父親 マントヴァ公世子カルロ・ゴンザーガ=ネヴェルス
母親 マリーア・ゴンザーガ
テンプレートを表示

エレオノーラ・マグダレーナ・ゴンザーガ・フォン・マントゥア=ネヴェルス(Eleonora Magdalena Gonzaga von Mantua-Nevers, 1630年11月18日 - 1686年12月6日)は、神聖ローマ皇帝フェルディナント3世の3度目の皇后。ゴンザーガ家出身で、マントヴァ公世子カルロ・ゴンザーガ=ネヴェルスと、マントヴァ公フランチェスコ4世の娘マリーアの間の娘である。フェルディナント2世の後妻でフェルディナント3世の継母にあたるエレオノーラ・ゴンザーガは母方の大叔母にあたり、この皇太后との区別のためJüngere(ドイツ語で「年少の」)と呼ばれた。

1651年、フェルディナント3世と結婚した。2人の間の子供は2女が成人した。