エレオノーラ・ゴンザーガ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
エレオノーラ・ゴンザーガ
Eleonora Gonzaga
神聖ローマ皇后
ボヘミア王妃
ハンガリー王妃
Justus Sustermans - Eleonora Gonzaga (1598-1655), Empress in black dress.jpg
出生 1598年9月23日
マントヴァ
死去 1655年6月27日
インスブルック
配偶者 神聖ローマ皇帝フェルディナント2世
父親 マントヴァ公ヴィンチェンツォ1世
母親 エレオノーラ・デ・メディチ
テンプレートを表示

エレオノーラ・ゴンザーガ(Eleonora Gonzaga, 1598年9月23日 - 1655年6月27日)は、神聖ローマ皇帝フェルディナント2世の2度目の妻で皇后。

生涯[編集]

ゴンザーガ家の出身で、マントヴァ公ヴィンチェンツォ1世エレオノーラ・デ・メディチの末子として生まれる。当時、きわだった美しさで有名な女性だった。

1622年に皇帝フェルディナント2世と結婚した。エレオノーラの父方の祖母エレオノーラおよび母方の祖母ジョヴァンナ、フェルディナントの父カールおよび母方の祖母アンナのいずれもが、皇帝フェルディナント1世の子女という関係であった。また、夫の伯父かつエレオノーラの大伯父にあたるオーストリアチロル大公フェルディナント2世の妃アンナ・カテリーナ・ゴンザーガは、エレオノーラの叔母であったが、前年の1621年に死去していた。

2人の間に子は生まれなかった。

エレオノーラはグラーツウィーンカルメル会の施設を建てた。

1637年に夫フェルディナント1世と死別した。

フェルディナント1世と最初の妃マリア・アンナ・フォン・バイエルンの子のフェルディナント3世が1651年に3度目の皇后としたエレオノーラ・マグダレーナ・ゴンザーガは、エレオノーラの兄マントヴァ公フランチェスコ4世の孫にあたる。この姪孫との区別のため、エレオノーラはÄltere(ドイツ語で「年長の」)と呼ばれた。

1655年にインスブルックで死去した。


系図[編集]

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
神聖ローマ皇帝
フェルディナント1世
 
アンナ・ヤギエロ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
マントヴァ公
グリエルモ・ゴンザーガ
 
エレオノーラ
 
トスカーナ大公
フランチェスコ1世・デ・メディチ
 
ジョヴァンナ
 
 
 
 
 
 
アンナ
 
バイエルン公
アルブレヒト5世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
前方オーストリア大公
フェルディナント2世
 
アンナ・カテリーナ・ゴンザーガ
 
マントヴァ公
ヴィンチェンツォ1世・ゴンザーガ
 
 
 
エレオノーラ
 
 
 
内オーストリア大公
カール2世
 
マリア・アンナ
 
バイエルン公
ヴィルヘルム5世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
マントヴァ公
フランチェスコ4世・ゴンザーガ
 
 
 
 
 
エレオノーラ・ゴンザーガ
 
 
 
神聖ローマ皇帝
フェルディナント2世
 
 
 
マリア・アンナ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
マリア・ゴンザーガ
 
カルロ・ゴンザーガ=ネヴェルス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エレオノーラ・マグダレーナ・ゴンザーガ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
神聖ローマ皇帝
フェルディナント3世