エリィのアクション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
エリィのアクション
ジャンル 横スクロールアクションゲーム
「すぐやられるアクション」
対応機種 Microsoft Windows(7/XP)
開発元 XTAL SWORD
プログラマー ちく
音楽 涼雅
美術 やなぎ
OZU
人数 1人
メディア ダウンロードゲーム
発売日 2011年6月6日
英語訳版:2013年11月20日
デバイス ジョイパッド対応
必要環境 CPU:1GHz以上
Memory:160MB程度の空き
エンジン DXライブラリ
その他 体験版あり
テンプレートを表示

エリィのアクション』(Eryi's Action)は、インディーズゲーム制作チームXTAL SWORDによるWindows用のアクションゲーム2011年6月6日ダウンロード販売サイトDLsite.comにおいて発売され、その後PLAYISMDiGiket.comにおいてもダウンロード販売が開始されている[1]パッケージ版の販売が行われたこともあるが、あまり流通していないという[2]2013年11月20日にはNyu Media英語版による英語訳版がSteamにおいて公開されている[3]。後述するゲーム『しょぼんのアクション』の「コンセプトをそのままに」製作した作品とされる[4]。公式サイトでは体験版が公開されている[5]

概要[編集]

妖精エリィを主人公とする横スクロールアクションゲームであり、エリィはダッシュやジャンプのほか物を持ち上げて投げることができる[6][7]ステージ中に存在するセーブポイントの旗まで到達すると、ミスとなった際にはその地点から復活し再開となる[6][5]。またミスによって残機がなくなってもゲームオーバーにはならず、残機はマイナスの値で表示される[6][7]ストーリーはエリィが妖精ファータに奪われたメロンを取り返すために冒険するというものであり、エリィの家からゲームが開始される[7][8]

ジャンルは「すぐやられるアクション」とされ、キャッチコピーは「最低のトラップ 最高の手ごたえ」となっている[4]窓の杜のコーナー「週末ゲーム」では「往年の海外製アクションゲームの理不尽さを彷彿させる」作品であり、「グラフィック、音楽ともに水準は高く、操作性も良好」と評されている[6]。また4gamer.netのコーナー「インディーズゲームの小部屋」では、「キュートなドット絵と、見た目とは裏腹にもほどがある極悪なトラップの数々が特徴の作品」として紹介されている[7]

『しょぼんのアクション』(後述)の作者であるちくが「販売できるような形で改めて作成したいと思って」いたこともあって、XTAL SWORDの処女作には「すぐにやられてしまうアクション」というコンセプトが選ばれたという。本作は「レベルデザイン性」を徹底した作品とされ、「高難易度化は、滅びの道をたどってしまう」との考えに基づき「頑張れば、ノーマルはちゃんと全部クリアできる設計」を意図したとされる。また「世界デザイン」はスプラッターアニメ『Happy Tree Friends』の影響を受けており、「キュートな世界観に、邪悪な鬼畜さという対極を表現」することを目指したという[2]

登場キャラクター[編集]

(出典:[9][10]

エリィ
草の妖精。前向きで明るい性格。妖精の中でも弱い方であるが、回復力は強く復活が早い。本作の主人公。
ファータ
闇の妖精。いたずら好きであるが「黒い部分」もある。強い魔力を持つ。エリィのことが好き。本作のラストボス
ケロ太
カエルのような姿をした宇宙人達。話すことはできるが、本作ではセリフがない。
フェリス
水色の髪を持つ魔法使いの少女。エリィを持ち上げることができる。

その他[編集]

XTAL SWORDは作品のキャラクターや設定について、同人活動の場合には無許可で利用してかまわないとしている。またプレイ動画のアップロードについては、規約を順守することを条件に容認している[11]。なお本作のキャラクターが登場する「姉妹作品」の落ち物パズルゲーム『マギポン!』が2013年4月2日に発売されている[12]

また『エリィのアクション BGM集』がニコニコ動画に投稿されている[5]

しょぼんのアクション[編集]

しょぼんのアクション
ジャンル 横スクロールアクションゲーム
「不意打ち覚えゲーアクション」
対応機種 Microsoft Windows
iPhone
開発元 ちく
人数 1人
メディア ダウンロードゲーム
発売日 2007年12月頃
その他 フリーウェア
テンプレートを表示

しょぼんのアクション』は、2007年フリーウェアとして公開されたスーパーマリオブラザーズクローンゲームFlashゲーム人生オワタの大冒険』の影響を受けた作品であり、ジャンルは「不意打ち覚えゲーアクション」とされる[13]インターネット上で話題となった作品であり[14]日本国外では"Syobon Action"と呼ばれている[15][16]iPhone版である『しょぼんのアクションオリジナル』も公開されており、「凶悪なトラップが多く難易度は高め」[17]な「死にゲー」[14]とされる。作者ちくが大学祭に出品したゲームがもとになっており、2007年11月4日にニコニコ動画へ投稿[18]したところ人気があったために、新たなステージを追加して同年12月頃[19]フリーゲームとして公開したという[13]。なお独自のステージを作成できる『しょぼんメイカー』も公開されていた。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ エリィのアクション 購入 XTAL SWORD
  2. ^ a b エリィのアクション 開発秘話 XTAL SWORD
  3. ^ Eryi's Action Steam
  4. ^ a b エリィのアクション XTAL SWORD
  5. ^ a b c エリィのアクションって? XTAL SWORD
  6. ^ a b c d 【週末ゲーム】第458回:理不尽トラップ満載の横スクロールアクションゲーム「エリィのアクション」 窓の杜 2011年8月19日
  7. ^ a b c d インディーズゲームの小部屋:Room#197「エリィのアクション」 4gamer.net 2011年9月14日
  8. ^ エリィのアクション PLAYISM
  9. ^ エリィのアクション 登場キャラクタ XTAL SWORD
  10. ^ マギポン! 登場キャラクタ XTAL SWORD
  11. ^ XTAL SWORD FAQ XTAL SWORD
  12. ^ マギポン! XTAL SWORD
  13. ^ a b c d しょぼんのアクションについてのどーでもいい話 レインボーロード
  14. ^ a b 4面では終わらない! 人気ゲームアプリ『しょぼんのアクション』で裏面に行く方法 かみあぷ速報 2014年8月12日
  15. ^ Patton, Ryan "Obstructing the View: An Argument for the Use of Obstructions in Art Education Pedagogy" Journal of Social Theory In Art Education Vol.30(2010)
  16. ^ Persuasive Games: Video Game Pranks Gamasutra英語版 2012年8月17日
  17. ^ 【マリオっぽい】初見殺し満載!イライラするのにやめられない死に覚えゲーム「しょぼんのアクション」 アプリ学園 2014年8月8日
  18. ^ 自作のマリオっぽいステージのゲームを先輩方にやらせてみた ニコニコ動画
  19. ^ 自作のマリオっぽいステージのゲームを友人2にやらせてみた 4 ニコニコ動画

外部リンク[編集]