エミール・アルティン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
エミール・アルティン
EmilArtin.jpg
エミール・アルティン(1898年 – 1962年)
生誕 (1898-03-03) 1898年3月3日
オーストリア=ハンガリー帝国, ウィーン
死没 (1962-12-20) 1962年12月20日(満64歳没)
西ドイツ, ハンブルク
研究分野 数学
研究機関 ハンブルク大学
ノートルダム大学
インディアナ大学
プリンストン大学
出身校 ウィーン大学
ライプツィヒ大学
博士課程
指導教員
グスタフ・ヘルグロッツ英語版
オットー・ヘルダー
博士課程
指導学生
サージ・ラング
ジョン・テイト
主な受賞歴 アッカーマン・トイブナー記念賞英語版(1932年)
プロジェクト:人物伝

エミール・アルティンEmil Artin, 1898年3月3日 - 1962年12月20日 )は、オーストリア出身でのちにドイツアメリカ合衆国で活躍した数学者。20世紀を代表する数学者の一人といえる。代数的数論英語版での業績で著名で、類体論L-函数の構築に貢献した。論にも優れた業績を残している。

同じく数学者のマイケル・アルティン英語版は息子である。ドイツのハンブルクでキャリアを積んでいたが、妻がユダヤ系のためナチスに追われ、1937年アメリカに移住した。1938年から1946年まではインディアナ大学で、1946年から1958年まではプリンストン大学で教鞭をとった。戦後、再びハンブルクに戻った後は、1962年に死亡するまで、そこで働いた。

ファン・デル・ヴェルデン英語版による抽象代数学の手法は、エミー・ネーターだけでなくアルティンにも部分的に由来するといわれている。弟子には、サージ・ラングジョン・テイトなどがいる。

関連項目[編集]