エボルブルス属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
エボルブルス属
Evolvulus sp2.jpg
エボルブルス属の一種
(流通名:アメリカン・ブルー、学名:Evolvulus pilosus)
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: ナス目 Solanales
: ヒルガオ科 Convolvulaceae
: エボルブルス属 Evolvulus
* 本文参照
  • 本文参照

エボルブルス属(エボルブルスぞく、学名:Evolvulus)は、ヒルガオ科の1つ。

エボルブルス属の植物は、北アメリカから南アメリカアジア熱帯地域を中心におおよそ400種が分布する。日本には在来種のアサガオカラクサ (Evolvulus alsinoides (L.) L., 1762) など3種が分布するが、一般的に園芸化はされていない。

日本国内での流通が盛んなエボルブルス属の植物は、「アメリカン・ブルー」の名で流通する園芸品種 ‘ブルー・デイズ’ (‘Blue Daze’) である。南米原産のエボルブルス・ピロスス (Evolvulus pilosus Nutt., 1818) を元に、ハワイで花付きが良く綺麗な青い花をたくさん咲かせる選抜個体を作出して名付けたもので、品種名は「蒼い幻惑」を意味する。この国際的にも正しい品種名が知らされないまま、日本には1980年代の終わりにかけて渡来した。輸入した業者がめいめいに勝手な流通名を付けて販売したために当時はかなり混乱したが、「アメリカン・ブルー」というニックネームで流通するように統一されていった。その後、これを元にして国内でも新規に交配改良する者が出てきており、農林水産省などに登録されたりしている。

主な国産種と園芸品種[編集]

  • アサガオガラクサ Evolvulus alsinoides (L.) L., 1762 - 九州南部沖縄から東南アジアにかけて分布する近縁種。アメリカン・ブルーより一回り小さい。
  • マルバアサガオガラクサ E. alsinoides (L.) L. var. Rotundifolius (Yamam.) Hayata ex Ooststr., 1934
  • シロガネガラクサ Evolvulus boninensis F. Maek. et Tuyama, 1938
  • エボルブルス・ピロスス E. pilosus Nutt., 1818 - アメリカン・ブルーの原種。青い花のほか、白・うす桃色などの花を咲かすものもある。
  • エボルブルス・ピロスス ‘ブルー・デイズ’(流通名:アメリカン・ブルー) E. pilosus Nutt., 1818 ‘Blue Daze’ - ハワイで園芸化された、E.ピロススから選抜された優秀な個体。
  • エボルブルス・ピロスス ‘ブルー・コーラル’(農林水産省:品種登録第12692号) E. pilosus Nutt., 1818 ‘Blue Coral’
  • エボルブルス・ピロスス ‘チェルシー’(小関園芸作出) E. pilosus Nutt., 1818 ‘Chelsea’ - ブルー・コーラルの斑入り品種。
  • エボルブルス・ピロスス ‘テルノ・ブルー・シー’ E. pilosus Nutt., 1818 ‘Teruno Blue Sea’
  • エボルブルス・ピロスス ‘テルノ・スカイ・キューピッド’(伊藤輝則作出) E. pilosus Nutt., 1818 ‘Teruno Sky Cupid’

出典[編集]