エノク (カインの息子)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
エノク
Schnorr von Carolsfeld Bibel in Bildern 1860 014.png
『エノクという町を建てたカイン』ユリウス・シュノル・フォン・カロルスフェルト
アワンカイン

エノクヘブライ語: חֲנוֹךḤanōḵ英語: Enoch[ˈnək])は、旧約聖書の『創世記』に登場する人物。カインの息子、アダムの孫で、イラドの父親。 カインが弟アベルを殺した罪により追放された後、辿りついたノドの地英語版で妻を知って生まれた子がエノクである。カインはまた、ノドの地で建てた町を息子の名にしたがってエノクと名付けた。(『創世記』4:16, 17)

ヨベル書』 4:9 によれば、エノクの母/叔母の名はアワンである。

なお、ノアの祖先であるエノクとは別人である。

系図[編集]

 
 
 
 
 
 
 
 
アダム
 
エバ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カイン
 
 
 
アベル
 
 
 
セト
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エノク
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エノシュ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イラド
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ケナン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
メフヤエル
 
 
 
 
 
 
 
 
 
マハラルエル
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
メトシャエル
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イエレド
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アダ
 
レメク
 
 
 
ツィラ
 
 
 
エノク
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヤバル
 
ユバル
 
トバル・カイン
 
ナアマ
 
メトシェラ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
レメク
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ノア
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
セム
 
ハム
 
ヤフェト


参考文献[編集]