エドマンド・ラッブラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

エドマンド・ラッブラEdmund Rubbra1901年5月23日 - 1986年2月14日)は、イギリス作曲家

ノーザンプトン出身。学校を卒業したのち鉄道員として働くが、王立音楽大学の奨学生となり、グスターヴ・ホルストシリル・スコットレイフ・ヴォーン・ウィリアムズに師事。第二次世界大戦中はピアノ三重奏団を結成する。戦後はオックスフォード大学の講師となる。1948年カトリックに改宗。

作品には11の交響曲、4つの弦楽四重奏曲、3つの協奏曲がある。また1938年ヨハネス・ブラームスの「ヘンデルの主題による変奏曲とフーガ」を管弦楽に編曲したことでも知られる。

主要作品一覧[編集]

管弦楽曲[編集]

協奏的作品[編集]

  • ピアノ協奏曲 作品30(撤回)
  • ピアノと管弦楽のための協奏交響曲 ハ長調 作品38
  • ヴィオラ協奏曲 イ長調 作品75
  • ピアノ協奏曲 ト長調 作品85
  • ヴァイオリンと管弦楽のための即興曲 作品89
  • ヴァイオリン協奏曲 イ長調 作品103
  • チェロと管弦楽のための「独白 Soliloquy

室内楽曲[編集]

合唱曲[編集]

  • 合唱と管弦楽のための「朝の当直 The Morning Watch」作品55
  • 合唱とオルガンのための「マニフィカトとヌンク・ディミッティス」イ長調
  • 無伴奏混声四部合唱のための3つのモテット 作品76

文献[編集]

  • Lewis Foreman, Hrsg.: Edmund Rubbra, composer: Essays. Rickmansworth: Triad Press: 1977. ISBN 0902070215.
  • Ralph Scott Grover: The Music of Edmund Rubbra. Brookfield, Vt.: Ashfield Publishing Co. ISBN 0859679101. Enthält ein Werkverzeichnis.