エスタディオ・D. アフォンソ・エンリケス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
エスタディオ・ドン・アフォンソ・エンリケス
Estádio D. Afonso Henriques
Estádio de Guimarães.JPG
施設情報
所在地 Rua de Sao Goncalo Apartado 505
PT-4810 Guimarães
位置 北緯41度26分45秒 西経8度18分4秒 / 北緯41.44583度 西経8.30111度 / 41.44583; -8.30111座標: 北緯41度26分45秒 西経8度18分4秒 / 北緯41.44583度 西経8.30111度 / 41.44583; -8.30111
開場 1965年
修繕 2003年
拡張 2003年
所有者 ギマランイス
運用者 ヴィトーリアSC
グラウンド
ピッチサイズ 106 x 68
建設費 27,343,976 ユーロ [1]
設計者 エドゥアルド・ギマランイス
使用チーム、大会
ヴィトーリアSC
UEFA U-21欧州選手権2006
UEFA EURO 2004
収容能力
30,165人

エスタディオ D. アフォンソ・エンリケス (: Estádio D. Afonso Henriques) は、ポルトガルギマランイスにあるサッカー競技施設である。

この競技場はギマランイスで最も成功しているチームで、ポルトガルサッカーで最上位リーグのプリメイラ・リーガに所属するヴィトーリアSCの本拠地として使用されている。1965年に竣工、2003年にはUEFA EURO 2004の会場に選定されたため、エドゥアルド・ギマランイスの設計により修繕と拡張が行われた。エスタディオ D. アフォンソ・エンリケスの収容人数は30,165人で、ポルトガル王国初代国王アフォンソ1世生誕の地であることに因む。エスタディオ D. アフォンソ・エンリケスになる前は、エスタディオ・ムニシパル・デ・ギマランイス (: Estádio Municipal de Guimarães) として知られていた。

実施された試合[編集]

UEFA EURO 2004 グループC イタリア vs.ブルガリア戦の様子

UEFA EURO 2004の際には、この競技場でグループCの2試合が行われた。第1戦のデンマークイタリア戦は、0-0のスコアレスドローに終わった。第2戦のブルガリア対イタリアは、後半ロスタイム(90+4分)にアントニオ・カッサーノのゴールでイタリアが2-1で勝利。スウェーデンとデンマークと同じく勝ち点5で並んだものの、得失点差で及ばず3位に終わったためグループリーグで敗退した。

サッカーポルトガル代表[編集]

過去6回、サッカーポルトガル代表の試合が行われた。

日付 結果 試合
1. 1983年01月16日 0 - 3 フランスの旗 フランス 親善試合
2. 1999年03月26日 7 - 0 アゼルバイジャンの旗 アゼルバイジャン UEFA EURO 2000予選
3. 2003年09月06日 0 - 3 スペインの旗 スペイン 親善試合
4. 2009年10月14日 4 - 0 マルタの旗 マルタ 2010 FIFAワールドカップ予選
5. 2010年09月03日 4 - 4 キプロスの旗 キプロス UEFA EURO 2012予選
6. 2010年02月06日 2 - 3 エクアドルの旗 エクアドル 親善試合

フェヘール・ミクローシュの死[編集]

2004年1月25日、SLベンフィカに所属するフェヘール・ミクローシュの死を目撃する。その日、ヴィトーリアSCSLベンフィカとのリーグ戦で起こった。試合終了間際に、フェルナンド・アグイアールが挙げた決勝点となる得点をアシストしたが、その際、遅延行為によるイエローカードを受けた。イエローカードを受けた直後、フェヘールはピッチ上に前のめりに身を屈め、そしてピッチ上に仰向けに倒れた。心肺蘇生法が施された後、フェヘールはピッチ内に到着した救急車によって病院へと搬送されたが、同日深夜死亡が確認された[2]。 フェヘールの死後、ギマランイスでの試合の際には、毎回追悼式典を行っている。

脚注[編集]

  1. ^ Relatorio Final - Avaliacao do impacte economico do Euro 2004 (pdf)” (ポルトガル語). 2014年3月9日閲覧。
  2. ^ Feher death stuns football” (英語). UEFA (2004年1月26日). 2014年3月9日閲覧。

外部リンク[編集]