エアロプラザ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
エアロプラザ
AEROPLAZA
Aeroplaza Izumisano Osaka pref Japan01s5.jpg
エアロプラザの位置(大阪府内)
エアロプラザ
情報
用途 商業施設ホテル
設計者 松田平田設計
構造設計者 SDネットワーク
構造形式 鉄骨造
延床面積 65,000 m²
階数 地下1階・地上11階
開館開所 1995年(平成7年)6月24日
所在地 549-0001
日本の旗 日本 大阪府泉佐野市泉州空港北1番地(関西国際空港内)
座標 北緯34度26分11.2秒
東経135度14分32.2秒
座標: 北緯34度26分11.2秒 東経135度14分32.2秒
テンプレートを表示

エアロプラザAEROPLAZA)は、大阪府泉佐野市関西国際空港内にある複合施設。

概要[編集]

1995年(平成7年)6月24日に、関西国際空港内に開業した。第1ターミナルビルや関西空港駅とは連絡通路で結ばれており、第2ターミナルビルへの連絡バスの乗り場に隣接している。

ホテル日航関西空港、レストラン、ショップ、コンビニエンスストア、歯科診療所、レンタカー取扱店、コインロッカー、銀行ATM、関西空港会議場などが入居している。

開業時の中核テナントは高島屋が運営する「エアロプラザ・タカシマヤ」および「ホテル関西空港」(1995年(平成7年)9月に「ホテル日航関西空港」に改称)。エアロプラザ・タカシマヤ撤退後はテナントの誘致ができず、空テナントとなっていた。その後、2012年(平成24年)3月1日から、第2ターミナルが開業する2012年10月28日までの間、格安航空会社Peachのチェックイン施設が2階に設置され、搭乗客はチェックインや手荷物検査や保安検査などを行い、1階のバス乗り場から2期島の駐機場に向かった[1]。現在の第2ターミナルへの連絡バス乗り場は、この時のバス乗り場を利用している。

その後、ブース席などを備えたラウンジ「Refresh Square」が、2015年7月31日に24時間利用できる無料の休憩所が、2017年3月にファーストキャビン関西空港がオープンした。

主な施設[編集]

  • ホテル日航関西空港
  • ファーストキャビン関西空港
  • Refresh Square
  • 関西空港会議場
  • レストラン
  • コンビニエンスストア
  • 無料休憩所

エアロプラザ・タカシマヤ[編集]

エアロプラザのオープンと同時に、中核店舗として開店。2階・3階の商業ゾーンに位置し、2階は書籍売場や雑貨・物産品店、3階は服飾を中心に展開していた[2]。しかし、鉄道駅と第1ターミナルビルの動線外にあることなどが影響し、開業から一度も黒字転換することなく、経営難により2004年(平成16年)3月31日に閉店した[3]

過去にあった施設[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ SankeiBiz(産経新聞社). (2011年8月29日). http://www.sankeibiz.jp/business/news/110829/bsd1108292132004-n1.htm 関空商業施設でチェックイン 来年3月就航のLCC「ピーチ」 2012年2月8日閲覧。 
  2. ^ a b c エアロプラザショッピングセンター(関空シティ株式会社)
  3. ^ 共同通信. (2004年3月30日). http://www.47news.jp/CN/200403/CN2004033001002533.html さよなら関空タカシマヤ 31日閉店、利用者減で 2012年2月8日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]