ウツギ属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ウツギ属
Deutzia crenata 5.JPG
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : バラ亜綱 Rosidae
: バラ目 Rosales
: アジサイ科 Hydrangeaceae
: ウツギ属 Deutzia
学名
Deutzia Thunb.
  • 本文参照

ウツギ属(うつぎぞく、学名:Deutzia、和名漢字表記:空木属)はアジサイ科の一つ。

特徴[編集]

落葉まれに常緑低木で、植物体全体に星状毛がある。若いにはがあり、古くなると中空になる。は単葉で短い柄をもって対生し、縁に鋸歯があり、托葉はない。側枝の先端に集散状円錐花序または集散花序をつけ、多数のをつける。萼片は5個。花弁は5個あり、多くは白色で、ときに淡紅色、淡紫色がある。雄蕊はふつう10個ある。

東アジアからヒマラヤに多く分布し、世界に約60種ある。日本では次の12種が知られるほか、品種雑種外来種がある。

日本の種[編集]

参考文献[編集]