ウカシュ・ザウスカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ウカシュ・ザウスカ Football pictogram.svg
Łukasz Załuska 01 ssj 20060725.jpg
コロナ・キェルツェ時代(2006年)
名前
ラテン文字 Łukasz Załuska
基本情報
国籍 ポーランドの旗 ポーランド
生年月日 (1982-06-16) 1982年6月16日(36歳)
出身地 ヴィソキェ・マゾヴィエツキェ英語版
身長 190cm
体重 88kg
選手情報
在籍チーム ポーランドの旗 MKSポゴニ・シュチェチン
ポジション GK
背番号 1
利き足 右足
ユース
1997-1998 ポーランドの旗 ルフ・ヴィソキェ・マゾヴィエツキェ英語版
1998-2000 ポーランドの旗 シャモトゥウィポーランド語版
2000 ポーランドの旗 スパルタ・オボルニキポーランド語版
2000-2001 ポーランドの旗 ズリフ・ジェロナ・グラ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2001-2002 ポーランドの旗 ストミール・オルシュティン英語版 3 (0)
2002-2004 ポーランドの旗 レギア・ワルシャワ 0 (0)
2004 ポーランドの旗 ヤギエロニア・ビャウィストク (loan) 8 (0)
2004-2007 ポーランドの旗 コロナ・キェルツェ 15 (0)
2007-2009 スコットランドの旗 ダンディー・ユナイテッド 53 (0)
2009-2015 スコットランドの旗 セルティック 28 (0)
2015-2016 ドイツの旗 ダルムシュタット 1 (0)
2016-2017 ポーランドの旗 ヴィスワ・クラクフ 28 (0)
2017- ポーランドの旗 ポゴニ・シュチェチン 0 (0)
代表歴2
2009 ポーランドの旗 ポーランド 1 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2017年9月2日現在。
2. 2014年5月31日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ウカシュ・ザウスカŁukasz Załuska, 1982年6月16日 - )は、ポーランドポドラシェ県ヴィソキェ・マゾヴィエツキェ出身の同国代表サッカー選手MKSポゴニ・シュチェチン所属。ポジションはゴールキーパー

経歴[編集]

クラブ[編集]

ポーランド[編集]

ヴィソキェ・マゾヴィエツキェに生まれ、1997年に地元のMKSルフ・ヴィソキェ・マゾヴィエツキェでキャリアを開始する。それから数ヶ月後にPSMシャモトゥウィに入団し、1年後にはMKDスパルタ・オボルニキを経てPMKSズリフ・ジェロナ・グラへ移籍。2001年にOKSストミール・オルシュティンと契約し、8月に1部リーグ初出場を飾った。2002年には強豪レギア・ワルシャワへ移籍するも出場機会を得られなかったため、ヤギエロニア・ビャウィストクへの期限付き移籍を経て2004年にコロナ・キェルツェへ完全移籍を果たし、2006-07シーズンはポーランド・カップ決勝まで進出するシーズンを過ごした。

ダンディー・ユナイテッド[編集]

2007年5月30日にスコットランド1部ダンディー・ユナイテッドFCと2年契約を締結[1]アメリカ合衆国でのシーズン前の試合中に足を骨折したことで開幕戦に間に合わないことが決定した[2]ため、代役として同胞でポーランド代表グジェゴシュ・シャモトゥルスキ英語版が半年契約で加入することとなった[3]。その後、10月下旬には練習に復帰することになったが、11月上旬に再度足を骨折する悪夢に見舞われ[4]、シャモトゥルスキの契約期限数日前である2008年1月26日のキルマーノックFC戦で復帰初戦にして移籍後初出場を飾った[5]。なお、同試合は主将バリー・ロブソンのダンディー・ユナイテッドでの最後の試合であり、試合後にセルティックFCへ移籍していった。しかし、復帰3試合目となった2月5日にスコティッシュリーグカップ準決勝のアバディーンFC戦で勝利した後に相手ファンに向けて挑発的なジェスチャーをした行為によってスコットランドサッカー協会へ報告された。同試合では、両チームのGKにプラスチックカップ、チェコレート、1ポンド硬貨等が顔面に直撃しており、審判に対してもアバディーンファンから硬貨が投げつける荒れたものとなっていたことが判明した[6]が、最終的に1ヶ月後にスコットランドサッカー協会からザウスカの行為に対して500ポンドの罰金と警告が言い渡された[7]

2008年12月17日にクラブからの契約延長の申し出を拒否し、契約満了となるシーズン終了後に退団することが決定した[8]

セルティック[編集]

2008年12月23日にセルティックFCと事前契約を締結したことで2009-10シーズン開幕前に入団することが決定[9]し、2009年6月1日に正式にセルティックの選手となった。同胞アルトゥール・ボルツの存在からすぐには出場機会を得られなかった[10]が、9月21日にリーグカップのフォルカークFC戦(4-0)で初出場を飾る[11]と、9月21日のハミルトン・アカデミカルFC戦 (2-1) でボルツの負傷により途中出場からリーグ戦初出場を飾って勝利に貢献[12]。2010年4月10日にハムデン・パークでのロス・カウンティFCとのスコティッシュカップ準決勝では、決勝進出が懸かる重要な試合に出場するも下部クラブ相手に不覚を取り敗退した[13]

2010-11シーズン開幕前にボルツがイタリア1部ACFフィオレンティーナへ移籍したことで正GKを務めることになり[14]、開幕戦を先発で迎えることになったが、程なくしてニューカッスル・ユナイテッドFCからフレイザー・フォースターが期限付き移籍で加入すると、第3節から再び控えに転落した[15]。同シーズン終了後にフォースターがニューカッスルへ復帰したことで翌2011-12シーズンに正GKとなり、ハイバーニアンFCとの開幕戦 (2-0) で先発し無失点を記録する好調な滑り出しとなった[16][17]。しかし、フォースターが再度ニューカッスルから期限付き移籍で加入するとまたしても控えに甘んじることとなった。そのような状況下で9月29日にUEFAヨーロッパリーグ 2011-12ウディネーゼ・カルチョ戦で好プレーを見せる[18]等、少ない出場機会で自身の力を示してアピールするも定位置を奪えずに退団の噂が定期的に囁かれた[19]

ダルムシュタット[編集]

2015年8月31日、SVダルムシュタット98に移籍した。

母国復帰[編集]

2016年、ヴィスワ・クラクフに移籍。2017-18シーズンからの2年契約でMKSポゴニ・シュチェチンへ加入した[20]

代表[編集]

ボルツが出場停止のため、2008年8月25日に2010 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選スロベニアサンマリノ戦へ向けて初招集された[21]。両試合共出番はなく、11月にボルツの負傷により再度招集されるも出番はなかった。2009年6月6日の南アフリカ戦で念願のポーランド代表初出場を飾った[22]

タイトル[編集]

セルティック

脚注[編集]

外部リンク[編集]