ウォルター・モンタギュー・ダグラス・スコット (第5代バクルー公爵)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
第5代バクルー公爵ウォルター・モンタギュー・ダグラス・スコット
Walter Montagu Douglas Scott, 5th Duke of Buccleuch
5th Duke of Buccleuch.jpg
5代バクルー公
生年月日 1806年11月25日
出生地 イギリスの旗 イギリスミッドロージアンダルキース・ハウス
没年月日 1884年4月16日 (77歳没)
死没地 イギリスの旗 イギリスセルカークシャーボウヒル
出身校 ケンブリッジ大学セント・ジョンズ・カレッジ
所属政党 保守党
称号 ガーター勲章勲爵士 (KG)
アザミ勲章勲爵士 (KT)
枢密顧問官 (PC)
配偶者 レディ・シャーロット・シン

内閣 第2次ピール内閣
在任期間 1842年2月2日 - 1846年1月21日
国王 ヴィクトリア

内閣 第2次ピール内閣
在任期間 1846年1月21日 - 1846年7月6日
国王 ヴィクトリア
テンプレートを表示

第5代バクルー公爵および第7代クイーンズベリー公爵ウォルター・フランシス・モンタギュー・ダグラス・スコット: Walter Francis Montagu Douglas Scott, 5th Duke of Buccleuch, 7th Duke of Queensberry1806年11月25日 - 1884年4月16日)は、イギリスの貴族、政治家。ガーター勲章勲爵士、アザミ勲章勲爵士(後に返上)、枢密顧問官

保守党に所属し、サー・ロバート・ピールの下で王璽尚書枢密院議長を務めた。

経歴[編集]

ダルキース伯爵チャールズ・モンタギュー=スコット(後の第4代バクルー公爵・第6代クイーンズベリー公爵)の二男として、スコットランドミッドロージアンダルキース英語版ダルキース・ハウス英語版で生まれる[1][2][3][4][5][6]。母親のハリエット・キャサリンは内務大臣商務大臣英語版President of the Committee on Trade and Foreign Plantations[訳語疑問点]などを歴任した初代シドニー子爵英語版トマス・タウンゼンド英語版の娘[1][2][3][4][5][6]1808年に兄のスコット卿(ホイットチェスター卿)ジョージ・ヘンリー・スコットが死去したため公爵位の法定推定相続人となる。1819年に父親の死去により13歳で襲爵[1][4][5][6]

1822年に行われたジョージ4世のスコットランド行幸英語版の際には国王をダルキース・ハウスに招いた[1][2][3][4]。20年後、1842年ヴィクトリア女王のスコットランド行幸においても女王夫妻はダルキース・ハウスを訪問した[1][2][3][4]。また1838年ロイヤル・カンパニー・オブ・アーチャーズ英語版の総司令官(Captain general[訳語疑問点]に任じられた。

イートン・カレッジを経てケンブリッジ大学セント・ジョンズ・カレッジ英語版で学び、1827年に修士号(M.A.)を取得[7]1834年オックスフォード大学から名誉民法学博士号(D.C.L.)を、1842年にケンブリッジ大学から名誉法学博士号(LL.D.)を、1874年に総長を務めていたエディンバラ大学から同じく名誉法学博士号(LL.D.)を授与された[1][2][3][4]1833年には王立協会フェローに選出された[8]

1828年ミッドロージアン統監Lord Lieutenant of Midlothian; 知事)に任じられ[9]1841年からロックスバラシャー英語版統監(Lord Lieutenant of Roxburghshire)も兼ねた[10]1830年アザミ勲章[11]を受勲するが、1835年ガーター勲章[12]を受勲したときにアザミ勲章騎士団からは退団している。

1842年王璽尚書として入閣、同時に枢密顧問官に列せられる[13]1846年枢密院議長に転任[14]

1835年から1842年にかけて、バクルーは50万ポンド以上の私財を投入してエディンバラフォース湾に面したグラントン地区英語版に港を建設した[1][2][3][4]。これによってグラントンは石炭の輸出とアフリカハネガヤ英語版エスパルト; 製紙原料)の輸入で大きく発展した。

1884年4月16日スコットランドセルカークシャー英語版ボウヒル英語版で死去し、ミッドロージアンダルキースの聖メアリ礼拝堂に葬られた[1][2][3][4]。爵位は長男のダルキース伯爵ウィリアム・モンタギュー・ダグラス・スコットが相続した[1][2][3]

家族[編集]

妻は第2代バース侯爵トマス・シンの娘シャーロット・アンで、1829年8月13日ロンドン聖ジョージ教会英語版で結婚した[1][2][3]。シャーロットは女官長Mistress of the Robes; 衣装係女官)となった[15]。彼女との間に以下の子供をもうけた。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j Lundy, Darryl. “Walter Francis Montagu Douglas Scott, 5th Duke of Buccleuch” (英語). thepeerage.com. 2012年1月8日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i PD-icon.svg Cokayne, George Edward, ed (1912). “BUCCLEUCH” (英語). The Complete Peerage of England, Scotland, Ireland, Great Britain, and the United Kingdom Extant, Extinct, or Dormant. 1 (1 ed.). London: The St. Catherine Press, ltd. pp. 371-372. http://www.archive.org/stream/completepeerageo02coka#page/370/mode/2up 2012年1月8日閲覧。. 
  3. ^ a b c d e f g h i PD-icon.svg Paul, James Balfour, Sir, ed (1905). “SCOTT, DUKE OF BCCLEUCH” (英語). The Scots peerage. 2. Edinburgh: David Douglas. pp. 245-247. http://www.archive.org/stream/scotspeeragefoun02paul#page/244/mode/2up 2012年1月8日閲覧。. 
  4. ^ a b c d e f g h  Paton, Henry (1897). "Scott, Henry (1746-1812)". In Lee, Sidney. Dictionary of National Biography (in English). 51. London: Smith, Elder & Co. pp. 25–26.
  5. ^ a b c PD-icon.svg Doyle, James William Edmund, ed (1886). “DONCASTER.” (英語). The Official Baronage of England: Showing the Succession, Dignities, and Offices of Every Peer from 1066 to 1885. 1. London: Longmans. pp. 605-606. http://www.archive.org/stream/officialbaronag00doylgoog#page/n622/mode/2up 2012年1月8日閲覧。. 
  6. ^ a b c PD-icon.svg Burke, Bernard, Sir, ed (1869). “BUCCLEUCH.” (英語). A genealogical and heraldic dictionary of the peerage and baronetage of the British Empire (31 ed.). London: Harrison. pp. 147-148. http://www.archive.org/stream/genealogicalhera00inburk#page/146/mode/2up 2012年1月8日閲覧。. 
  7. ^ "Douglas, Montague Scott Walter Francis, 5th Duke of Buccleugh and Queensbury. (DGLS806MS)". A Cambridge Alumni Database (in English). University of Cambridge.
  8. ^ Scott; Walter Francis (1806 - 1884); 5th Duke of Buccleuch and 7th Duke of Queensberry” (英語). Past Fellows. The Royal Society. 2012年1月8日閲覧。
  9. ^ The London Gazette: no. 18429. p. 26. 1828年1月4日。2012年1月8日閲覧。
  10. ^ The London Gazette: no. 20048. p. 3135. 1841年12月3日。2012年1月8日閲覧。
  11. ^ The London Gazette: no. 18743. p. 2345. 1830年11月9日。2012年1月8日閲覧。
  12. ^ The London Gazette: no. 19243. pp. 334–335. 1835年2月24日。2012年1月8日閲覧。
  13. ^ The London Gazette: no. 20067. p. 285. 1842年2月4日。2011年12月18日閲覧。
  14. ^ The London Gazette: no. 20567. p. 364. 1846年2月3日。2011年12月18日閲覧。
  15. ^ The London Gazette: no. 20017. p. 2273. 1841年9月10日。2011年12月18日閲覧。

外部リンク[編集]

先代:
第2代バッキンガム公爵
王璽尚書
1842-1846
次代:
第9代ハディントン伯爵
先代:
初代ホワーンクリフ男爵
枢密院議長
1846
次代:
第3代ランズダウン侯爵
先代:
チャールズ・モンタギュー=スコット
バクルー公爵
第5代: 1819-1884
次代:
ウィリアム・モンタギュー・ダグラス・スコット
先代:
チャールズ・モンタギュー=スコット
クイーンズベリー公爵
第7代: 1819-1884
次代:
ウィリアム・モンタギュー・ダグラス・スコット