ウォルター・ヘラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Walter Wolfgang Heller
ケインズ経済学
生誕 (1915-08-27) 1915年8月27日
ニューヨーク州, バッファロー
死没 (1987-06-15) 1987年6月15日(71歳没)
ワシントン州, シルヴァーデール
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
研究機関 (機関)
ウィスコンシン大学
財務省エコノミスト
ミネソタ大学
研究分野 アメリカ経済論
税制論
母校 オーバーリン・カレッジ(BA)
ウィスコンシン大学(MA, PhD)
論敵 ミルトン・フリードマン
テンプレートを表示

ウォルター・ヘラーWalter Wolfgang Heller1915年8月27日 - 1987年6月15日)は、ニューヨーク州バッファロー生まれのアメリカ経済学者である。1960年代の中心的かつ指導的な経済学者であり、ジョン・F・ケネディ大統領大統領経済諮問委員会議長1961年 - 1964年)であった。ミネソタ大学教授である。

略歴[編集]

業績[編集]

  • ケネディ大統領時代、米国経済の景気を上げるために、重要でない連邦収入の減税が予定された。この減税は、ケネディ死後、リンドン・ジョンソン大統領により議会を通過した。
  • ヘラーは、最初の「自発的」賃金・価格ガイドラインを開発した。鉄鋼産業がそれにフォロー出来ない時、ケネディによって公然と攻撃され、素早く応じられた。
  • ヘラーは、課税控除と税優遇が所得税課税基準を狭くするので、一定の歳入額のためにはより高い限界税率を必要とすると強調した最初の一人であった。
  • ケネディが暗殺された日、ヘラーはジョンソンに大統領執務室で会った。ヘラーは「貧困への戦い」を呼び掛けることが重要な率先であると提案し、ジョンソンは採用した。
  • その後、ジョンソンがインフレのためのステージをセットしつつ、税を上げることなくベトナム戦争を拡大すると主張した時、ヘラーは辞任した。

家族[編集]

主な著作[編集]

関連項目[編集]