ウェイン・クランツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ウェイン・クランツ
Wayne Krantz by Rich M.jpg
ウェイン・クランツ(2008年11月)
基本情報
生誕 (1956-07-26) 1956年7月26日(63歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 オレゴン州コーバリス
ジャンル フュージョンジャズファンク
職業 ギタリスト
担当楽器 エレクトリック・ギターアコースティック・ギター
共同作業者 ドナルド・フェイゲン
スティーリー・ダン
ウォルター・ベッカー
マイケル・ブレッカー
公式サイト [1]

ウェイン・クランツ(Wayne Krantz、1956年7月26日 -)は、アメリカ合衆国オレゴン州出身のギタリストスティーリー・ダンマイケル・ブレッカー等と共演、アルバム制作をしてきたが、1990年代以降は主にトリオを率いるソロアーティストとして活動[1][2]

使用機材[編集]

主にストラトキャスタータイプのエレクトリック・ギターを使用。初期は1980年代に購入した1973年型フェンダー・ストラトキャスター[3]を使用。近年はネックは1973年型ストラトキャスター型のジェームス・タイラーのスタジオ・エリートを使用。

エフェクターとしては初期はコーラスを使用していたが、1993年よりディレイに加えオーバードライブワウペダルオクターバー、ムーガーフーガーなどのアナログペダルで弱めのエフェクターを使用。

アンプはフェンダー・デラックスリバーブを使ってきたが、近年はマーシャル(2553)、Howie 61ではタイラーJT46を使用。

脚注[編集]

  1. ^ Wayne Krantz @ All About Jazz”. Allaboutjazz.com. 2013年5月13日閲覧。
  2. ^ Wayne Krantz: Back on Track”. Allaboutjazz.com. 2013年5月13日閲覧。
  3. ^ Chapman, Charles H. (2001). Mel Bay presents: Interviews with The Jazz Greats - and more. Mel Bay. p. 39. ISBN 9780786659463. http://books.google.com/books?id=jXSy9e3eAvkC&pg=PA39&dq=wayne+krantz&ei=hd8US9nLC5TuyASUvtzUDA#v=onepage&q=wayne%20krantz&f=false. 

外部リンク[編集]