ウィリアム・エドワード・パリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィリアム・エドワード・パリー

ウィリアム・エドワード・パリー(Sir William Edward Parry, 1790年12月19日 - 1855年7月8日か9日)は、イギリス海軍少将で、北極の探検家。

バースで医者の子として生まれた。13歳の時、コーンウォリス提督の旗艦に乗船。1810年から3年間、スヴァールバル諸島捕鯨業の保護に従事。1818年ジョン・ロス艦長が行った北極探検に副官として参画。北西航路の西端であるランカスター海峡に到達したが、ロス艦長が行き止まりと誤認して引き返してしまい目ぼしい成果は得られなかった。1820年、自ら探検隊を率いてランカスター海峡を東進して北極海へ達し、グリーンランドからベーリング海峡に至る北西航路を開拓した者として名を残すこととなった[1]

1829年、功績を称えサー(Sir)の位を与えられた。

W.Parryは、植物の学名命名者を示す場合にウィリアム・エドワード・パリーを示すのに使われる。命名者略記を閲覧する/IPNIAuthor Detailsを検索する。)

脚注[編集]

  1. ^ 第1回 ランカスター海峡――神話となった北西航路探検”. ナショナルジオグラフィック (2011年8月23日). 2018年5月14日閲覧。

関連項目[編集]