イースター・エッグ (コンピュータ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

イースター・エッグ(Easter egg)とは、コンピュータのソフトウェア・書籍・CDなどに隠されていて、本来の機能・目的とは無関係であるメッセージや画面の総称である。ユーモアの一種である。 多くの場合、企画・開発スタッフの一覧などが隠されているが、ゲームなどの場合もある。アニメーションや音楽を伴って表示されることもある。

これらを「イースター・エッグ」と呼ぶのは、キリスト教復活祭の際に、装飾した卵(イースター・エッグ)をあちこちに隠して子供たちに探させる遊びにちなむ。

概要[編集]

Microsoft Excelをはじめ、Internet ExplorerVisual BasicAdobe Photoshopなど有名なソフトにもさまざまな方法でイースター・エッグが隠されている。

イースター・エッグのほとんどは普通の操作では出現しない様になっているものであり、イースター・エッグを何のヒントもなしに発見するのはきわめて困難である。 たとえば、Windows 98では、日付と時間の設定で表示される世界地図上でカイロメンフィス(Windowsシリーズの開発コードネーム名)を順番にマウスで示すことによってスタッフロールが表示されるというイースター・エッグがある。

えりかとさとるの夢冒険のように、ソフトの発売から相当な期間が経った後判明したイースター・エッグも存在する。

一方で、DVDや、CDには、パロディ映像やNG集、制作者の隠しメッセージなどをイースター・エッグ(コンテンツ一覧に明示されていない章)として収録することが多くなっている。

最近の状況[編集]

2000年ごろまでは、上述のように無数のソフトにイースター・エッグが隠されており、これらの愛好家も存在していたが、近年ではイースター・エッグの実装は少なくなってきている。たとえば、マイクロソフト社の製品では、Internet Explorer 4.0および5.0にはイースター・エッグが存在することが明らかになっている。しかし、2005年末に発売されたMicrosoft Visual Studio 2005にはイースター・エッグが存在しないことが開発者によって明言されている。

その理由としては、ソフトウェアが複雑化し、品質向上や、セキュリティ確保が叫ばれている現在では、本来の機能と関係のないユーモアの入り込む余地が少なくなってきているためと考えられる。

一方でコピー商品防止の意図も兼ねて継続される例もあり、例えばカシオ計算機の電卓で特定の数値を同時押ししながらACキーを入力すると『CASIO』の文字が浮かび上がるというものがある。

関連項目[編集]