インディヴィジブル 闇を祓う魂たち

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
インディヴィジブル 闇を祓う魂たち
indivisible
ジャンル アクションRPG
対応機種 Steam(PC)
PlayStation 4
Nintendo Switch
Xbox One
開発元 Lab Zero Games
発売元 アメリカ合衆国の旗 505 Games
日本の旗 スパイク・チュンソフト
発売日 世界の旗 2019年10月8日
日本の旗 2020年7月16日
対象年齢 ESRBT(13歳以上)
CEROB(12才以上対象)
テンプレートを表示

インディヴィジブル 闇を祓う魂たち』(インディヴィジブル やみをはらうたましいたち)(海外版タイトルはindivisible)は、LabZeroGamesが開発したPlayStation 4Nintendo SwitchXbox One・PC(Steam)向け2DアクションRPG。2019年10月8日にPC版、海外コンシューマ版が発売[1]され、同年11月30日にPC版が日本語対応。2020年7月16日には字幕の再翻訳、さらに日本語音声を追加したPlayStation 4Nintendo Switch向け日本語版がスパイク・チュンソフトより発売された[2]

概要[編集]

過去に『スカルガールズ』などを手掛けたLabZeroGamesによる、2Dグラフィックスによる横スクロール型アクションRPG。アニメーショングラフィックの制作はトリガーとTitmouseが担当する[3]

プレイヤーは主人公・アジュナを操作し数々のフィールドを巡り仲間を増やし、物語を進めていく[3]

システム[編集]

戦闘は最大4体のキャラクターによるコマンド入力式のリアルタイムバトルを採用しており、それぞれのキャラクターのアクションが各ボタンに対応し、編成による戦術の変化や攻撃の組み合わせによるコンボの構築などバリエーションに富んだシステムとなっている。

主人公アジュナは、他者を自らの心のうちに引き込むという能力を持っており、プレイヤーは彼女の心の中に引き込まれたキャラクターからパーティーメンバーを選定することとなる[3]

また、物語が進むにつれてアジュナの動きは多彩になり、仲間が増えることによって彼女の精神世界も変化していく仕組みとなっている[3]

あらすじ[編集]

プロローグ[編集]

主人公・アジュナは、ナバル州にあるアシュワット村に住み、父・インドラから格闘技のけいこを受けていた[3]。 ある日、彼女は厳格で無口な父とケンカして村を飛び出すが、村から煙が上がる様子を見て戻り、ラバナバー将軍の兵士たちが村を襲っている様子を目の当たりにする[4]。 瀕死の父を見た彼女の前にラバナバー軍の司令官・ダールが現れる[4]。 その時、彼女は不思議な力に目覚め、ダールを自らの中に取り込む[4]。 アジュナは父の仇を晴らしたいと考えていた一方、ダールは戦果として彼女の身柄をラバナバーの元へ届けたいと考えていた[4][3]。 行き先が一致した二人は、ラバナバーのいるところを目指す[3]

キャラクター[編集]

アジュナ
声 - 小清水亜美[4]
アシュワット村に住む少女で、明るく前向きである一方、直情的で短気な面もある。村を襲ったラバナバー軍の司令官・ダールとの戦いの最中に突然奇妙な力が覚醒し、自身の心の中に他者を取り込むという不思議な力に目覚める。
ダール
声 - 細谷佳正[4]
ラバナー軍の司令官。アシュワット村を襲っていた際、アジュナに取り込まれてしまう[4]
ゼベイ
声 - 望月英[5]
ラーンの守護者の一人である弓の達人[5]
クシ
声 - 加隈亜衣[5]
ラーンの守護者の見習いである孤児[5]
幼少期に出会ったロック鳥のアルツンとともに行動を共にしている[5]
インドラ
声 - 小西克幸[4]
アジュナの父[4]
ラバナバー
声 - 若本規夫[4]
[4]
強大な力を持つ将軍[4]。世界平和の名目で方々に軍を派遣しているが、そのやり方から征服者だとみる者もいる[4]

脚注[編集]

外部リンク[編集]