インディペンデンス (カンザス州)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
インディペンデンス
メモリアル・ホール(2017年撮影)
メモリアル・ホール(2017年撮影)
モンゴメリー郡における位置
モンゴメリー郡における位置
KDOTによるモンゴメリー郡 (legend)
座標:北緯37度13分27秒 西経95度42分30秒 / 北緯37.22417度 西経95.70833度 / 37.22417; -95.70833座標: 北緯37度13分27秒 西経95度42分30秒 / 北緯37.22417度 西経95.70833度 / 37.22417; -95.70833[1]
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カンザス州の旗カンザス州
モンゴメリー郡
入植 1869年
法人化 1870年
行政
 • 市長 ルイス・ユスシ
面積
 • 合計 7.67mi2 (19.88km2)
 • 陸地 7.67mi2 (19.86km2)
 • 水面 0.01mi2 (0.01km2)
標高 804ft (245m)
人口
(2010年国勢調査)[3]
 • 合計 9,483人
 • 推計
(2019)[4]
8,505人
 • 密度 1,109.01/mi2 (428.19/km2)
等時帯 UTC−6 (中部標準時)
 • 夏時間 UTC−5 (中部夏時間)
ZIPコード
67301
市外局番 620
FIPSコード 20-33875 [1]
GNIS ID 0469414 [1]
ウェブサイト independenceks.gov

インディペンデンス英語: Independence)は、アメリカ合衆国カンザス州モンゴメリー郡の都市で、同郡の郡庁所在地[5]。2010年の国勢調査よると、人口は9,483人[6]アメリカ独立宣言にちなみ、独立を意味する英単語から地名がつけられた[7]

歴史[編集]

1869年9月、ジョージ・A・ブラウンが50ドルで先住民のオセージ族英語版から土地を購入したことが入植のきっかけである。その後、先住民はインディアン準州に移動した。入植者のブラウンはユリシーズ・グラント政権で副大統領を務めたスカイラー・コルファクスにちなみ、この町をコルファクスと呼んでいた[8]。また、同年8月21日にはカンザス州オスウィーゴ英語版からR・W・ライトに率いられた一団がこの地に定住を始め、彼らはこの地を郡庁所在地にしようと考えていた[9]。また、同年10月にはE・E・ウィルソンとF・D・アーウィンがこの地に最初の商店「ウィルソン・アンド・アーウィン食料品店」を開業させた[10]。1870年、この町は郡庁所在地に指定された[11]

宇宙に行った最初のサルであるアカゲザルミス・エイブルはこの町のラルフ・ミッチェル動物園で生まれた[12]

地理[編集]

ヴァーディグリス川英語版沿いに市街地が形成されている。国勢調査局によると、面積は7.75平方マイル (20.07 km2)で、陸域が7.74平方マイル (20.05 km2)、水域が0.01平方マイル (0.03 km2)となっている[13]

気候[編集]

気候は温暖湿潤気候(Cfa)で、蒸し暑い夏と肌寒い冬が特徴である。メキシコ湾から湿った空気が流れ込む影響で、夏場に降水量が多い。一方、冬場は乾燥している[14]

カンザス州インディペンデンスの気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
最高気温記録 °F°C 78
(26)
88
(31)
98
(37)
101
(38)
102
(39)
109
(43)
115
(46)
116
(47)
111
(44)
99
(37)
88
(31)
78
(26)
116
(47)
平均最高気温 °F°C 45
(7)
50
(10)
60
(16)
70
(21)
77
(25)
85
(29)
91
(33)
91
(33)
83
(28)
72
(22)
59
(15)
46
(8)
69.1
(20.6)
平均最低気温 °F°C 22
(−6)
26
(−3)
35
(2)
45
(7)
56
(13)
65
(18)
69
(21)
68
(20)
59
(15)
47
(8)
35
(2)
25
(−4)
46
(7.8)
最低気温記録 °F°C −19
(−28)
−23
(−31)
−5
(−21)
15
(−9)
28
(−2)
42
(6)
46
(8)
43
(6)
29
(−2)
16
(−9)
5
(−15)
−16
(−27)
−23
(−31)
降水量 inch (mm) 1.52
(38.6)
1.94
(49.3)
3.47
(88.1)
4.15
(105.4)
6.51
(165.4)
6.34
(161)
3.77
(95.8)
3.63
(92.2)
4.47
(113.5)
4.31
(109.5)
2.58
(65.5)
2.44
(62)
45.13
(1,146.3)
出典:weather.com[15]

人口動態[編集]

人口推移
人口
1870435
18802,915570.1%
18903,1277.3%
19004,85155.1%
191010,480116.0%
192011,92013.7%
193012,7827.2%
194011,565−9.5%
195011,335−2.0%
196011,222−1.0%
197010,347−7.8%
198010,5982.4%
19909,942−6.2%
20009,846−1.0%
20109,483−3.7%
2019(推計)8,505[4]−10.3%
アメリカ合衆国国勢調査[16]

2010年国勢調査に基づいたデータを表示する[3]

基礎データ

  • 人口: 9,483人
  • 世帯数: 3,950世帯
  • 家族数: 2,430家族
  • 人口密度: 473.1人/km2
  • 住居数: 4,528戸
  • 住居密度: 225.9戸/km2

人種別人口構成

  • 白人: 84.2%
  • アフリカ系: 6.5%
  • ネイティヴ・アメリカン: 1.6%
  • アジア系: 0.9%
  • その他: 2.3%
  • 混血: 4.5%

世帯と家族

  • 18歳未満の子供がいる: 33.0%
  • 結婚・同居している世帯: 40.9%
  • 未婚・離婚女性が世帯主である世帯: 14.9%
  • 未婚・離婚男性が世帯主である世帯: 5.7%
  • 非家族世帯: 38.5%
  • 単身世帯: 33.0%
  • 65歳以上の老人1人暮らし: 14.8%
  • 平均構成人数
    • 世帯: 2.35 人
    • 家族: 2.95 人

年齢別人口構成

  • 18歳未満: 26%
  • 18歳-24歳: 8.6%
  • 25歳-44歳: 24.5%
  • 45歳-64歳: 24.9%
  • 65歳以上: 15.9%
  • 年齢の中央値: 36.9 歳
  • 男女比
    • 男性: 48.4%
    • 女性: 51.6%

教育[編集]

初等・中等教育[編集]

  • インディペンデンス高校(9年 - 12年)
  • インディペンデンス中学校(6年 - 8年)
  • インディペンデンス小学校(3年 - 5年)
  • アイゼンハワー小学校(就学前 - 2年)
  • ザイオン・ルーテル・スクール(就学前 - 8年)
  • セント・アンドリュー・スクール(就学前 - 8年)
  • インディペンデンス・バイブル・スクール(就学前 - 12年)

コミュニティ・カレッジ[編集]

インディペンデンス・コミュニティ・カレッジ英語版(ICC)が市街地から2マイル南にメインキャンパスを設けている。また、西キャンパスは市街地から1マイル西に位置する。ICCには毎年1,000人以上が入学する[17]

交通[編集]

国道75号線英語版160号線英語版の交差点に位置する。また、ユニオン・パシフィック鉄道サウスカンザス・アンド・オクラホマ鉄道英語版が貨物輸送を行っている。また、インディペンデンス市営空港英語版が市街地から南西5マイルの位置にある。

名所[編集]

作家ローラ・インガルス・ワイルダーが幼少期を過ごした家がインディペンデンスにあり、カンザス州から文化財として登録されている。彼女はこの地で1869年から71年までを過ごし、その様子は著書『大草原の小さな家』のモデルとなった[18]

著名人[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d Geographic Names Information System (GNIS) details for Independence, Kansas; United States Geological Survey (USGS); October 13, 1978.
  2. ^ 2019 U.S. Gazetteer Files”. アメリカ合衆国国勢調査局. 2020年7月24日閲覧。
  3. ^ a b U.S. Census website”. アメリカ合衆国国勢調査局. 2012年7月6日閲覧。
  4. ^ a b Population and Housing Unit Estimates”. アメリカ合衆国国勢調査局 (2020年5月24日). 2020年5月27日閲覧。
  5. ^ Find a County”. National Association of Counties. 2011年5月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年6月7日閲覧。
  6. ^ 2010 City Population and Housing Occupancy Status”. U.S. Census Bureau. 2011年3月6日閲覧。[リンク切れ]
  7. ^ Gannett, Henry (1905). The Origin of Certain Place Names in the United States. Govt. Print. Off.. pp. 165. https://archive.org/details/bub_gb_9V1IAAAAMAAJ 
  8. ^ Rydjord, John (1972). Kansas Place-Names. University of Oklahoma Press, Norman, Oklahoma. p. 349. ISBN 0-8061-0994-7 
  9. ^ Sherwood, Leon (1970). Official Centennial History of Independence, KS, p. 6. Independence Centennial Inc.
  10. ^ Sherwood, Leon (1970). Official Centennial History of Independence, KS, p. 7. Independence Centennial Inc.
  11. ^ Blackmar, Frank Wilson (1912). Kansas: A Cyclopedia of State History, Embracing Events, Institutions, Industries, Counties, Cities, Towns, Prominent Persons, Etc.. Standard Publishing Company. pp. 899. https://archive.org/details/bub_gb_o8X5krq3fP8C 
  12. ^ Archived copy”. 2013年10月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年2月5日閲覧。
  13. ^ US Gazetteer files 2010”. アメリカ合衆国国勢調査局. 2012年1月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年7月6日閲覧。
  14. ^ National Weather Service, Wichita, Kansas; NOW Data
  15. ^ Monthly Averages for Independence, Kansas”. Weather.com. The Weather Channel. 2013年8月15日閲覧。
  16. ^ Census of Population and Housing”. 2014年11月29日閲覧。
  17. ^ Kansas Higher Education Statistics”. 2019年5月16日閲覧。
  18. ^ Archived copy”. 2013年7月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年2月5日閲覧。
  19. ^ Independence Daily Reporter, February 23, 2009, p. 1

外部リンク[編集]

公式ウェブサイト