イップ・トン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

イップ・トンセシリア・イップ葉童、Cecilia Yip、1963年3月8日 - )は、香港生まれの女優

経歴[編集]

18歳でCMデビュー後、映画界入りを果たし、パトリック・タム監督の『レスリー・チャン 嵐の青春』で映画デビュー。出演2作目の映画『香港ノワール 狼の流儀』では、香港女優としては珍しい全裸でのラブシーンを演じた。1983年の『表錯七日情』と1991年の『婚姻物語』で、第3回と第11回の香港電影金像奨の最優秀主演女優賞を、1989年の『黄昏のかなたに』では最優秀助演女優賞をそれぞれ受賞。演技派女優としての地位を確立した。

日本では1984年の『風の輝く朝に』でのヒロイン役で知られる。

1993年に出演したテレビドラマ『倚天屠龍記』の大ヒットで、次第に中国・台湾の北京語ドラマにシフトし、香港映画では助演に回ることが多くなっている。2008年には舞台劇にも初挑戦した。

出演作[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]