イアン・ブルマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
イアン・ブルマ

イアン・ブルマ(Ian Buruma, 1951年12月28日 -)はオランダ著作家ジャーナリスト。オランダ人の父とイギリス人の母の間に、オランダの首都ハーグで生まれる。

ライデン大学中国文学を学ぶ。在学中に、アムステルダム公演の寺山修司の「天井桟敷」に出会って衝撃を受け、日本に留学し、1975年~1977年に日本大学芸術学部で日本映画を学ぶ。

その後、東京香港ロンドンなどでジャーナリストとして活躍する。2003年よりアメリカバード大学教授となり、現在はニューヨーク在住。2008年エラスムス賞受賞。

著書[編集]

  • A Japanese mirror: heroes and villains of Japanese culture, Cape, 1984.
『日本のサブカルチャー――大衆文化のヒーロー像』、山本喜久男訳、TBSブリタニカ、1986年
  • God's dust: a modern Asian journey, Farrar Straus Giroux, 1989.
  • Playing the game, Jonathan Cape, 1991.
  • The wages of guilt: memories of war in Germany and Japan, Farrar, Straus, Giroux, 1994.
『戦争の記憶――日本人とドイツ人』、石井信平訳、TBSブリタニカ、1994年、後に筑摩書房(ちくま学芸文庫)、2003年
  • The missionary and the libertine: love and war in East and West, Faber and Faber, 1996.
『イアン・ブルマの日本探訪――村上春樹からヒロシマまで』、石井信平訳、TBSブリタニカ、1998年
  • Anglomania: a European love affair, Random House, 1998.
  • Voltaire's coconuts, or, Anglomania in Europe, Weidenfeld & Nicolson, 1999.
  • Bad elements: Chinese rebels from Los Angeles to Beijing, Random House, 2001.
  • Inventing Japan, 1853-1964, Modern Library, 2003.
『近代日本の誕生』、小林朋則訳、ランダムハウス講談社、2006年
  • Murder in Amsterdam: the death of Theo van Gogh and the limits of tolerance, Penguin Press, 2006.
The China lover, Penguin Press, 2008.
  • Taming the gods: religion and democracy on three continents, Princeton University Press, 2010.
  • Year zero: a history of 1945, Penguin Press, 2013.

共著[編集]

  • Occidentalism: the West in the eyes of its enemies, with Avishai Margalit, Penguin Press, 2004.
『反西洋思想』、堀田江理訳、新潮社、2006年

外部リンク[編集]