アーロン・ルッソ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アーロン・ルッソ

アーロン・ルッソ(Aaron Russo、1943年2月14日 - 2007年8月24日)は、アメリカ合衆国映画プロデューサー映画監督、政治運動家。日本語ではアロン・ルーソ、アーロン・ラッソ等とも表記。

略歴[編集]

ニューヨークブルックリン区生まれ。24歳のときにナイト・クラブを開業し、レッド・ツェッペリンの米国初公演を興行。その後もグレイトフル・デッドジャニス・ジョプリンザ・フーなど60~70年代を代表するロック・アーティストのステージを相次いで打ち、彼らの人気確立に貢献する。

27歳の時には、映画プロデューサーに転身。ベット・ミドラー主演『ローズ』(1979年)、エディ・マーフィ主演『大逆転』(1983年)等を手がけ、特に『ローズ』では、アカデミー賞の主演女優賞、助演男優賞、音響賞、編集賞の4部門にノミネートされる成功を収める。

その後の活動は徐々に政治色を強めることとなり、2004年にはリバタリアン党から大統領選に立候補する。

2006年には、ドキュメンタリー映画『アメリカ─自由からファシズムへ』(America: Freedom to Fascism 日本未公開)を自ら製作・監督。同作では、連邦準備銀行 (FRB) が政府機関ではない民間の銀行であり、そもそも中央銀行の存在自体、合衆国憲法に違反していると主張した。さらに所得税は連邦準備制度 (FRS) の設立の結果導入されたもので、FRSを廃止すればただちに不要になると説いた。

2007年8月24日膀胱癌により死去。

ニコラス・ロックフェラーとの会話[編集]

『アメリカ─自由からファシズムへ』が話題となった後、ルッソはジャーナリストアレックス・ジョーンズのインタビューに答え、その中で旧知の友人ニコラス・ロックフェラーとの会話の内容を披露した。ルッソによると、ロックフェラーはアメリカ同時多発テロ事件の11ヶ月前の時点で、米国でアフガニスタン侵攻イラク戦争のきっかけとなる事件が起こることを、すでに予告していたという。[1]そしてロックフェラーは同時に、その事件及び後に起こる米軍侵攻の全てが、「巨大なでっち上げ」であるとも語ったという[2][3]。 この会話を発表した半年後、6年前から患っていた膀胱癌により、ルッソは死去した。トークショー司会者のアレックス・ジョーンズは、アーロンが密かに「自分はずっと脅迫されていたから、彼のガンは攻撃によるものと思う」と語った、と明言した。[4]

脚注[編集]

  1. ^ http://www.youtube.com/watch?v=EeWqlJHzcSo
  2. ^ プリズン・プラネット [千早/TUP訳] (2007年7月21日). “ニック・ロックフェラーは「全住民にマイクロチップを埋め込むのが最終目標だ」と言った”. TUP速報 (TUP翻訳グループ) (720号). http://groups.yahoo.co.jp/group/TUP-Bulletin/message/745 2007年10月28日閲覧。. 
  3. ^ ジャパン・ハンドラーズと国際金融情報 ニコラス・ロックフェラーって誰だ?
  4. ^ http://www.dcsociety.org/2012/info2012/120610_2.html

関連項目[編集]

外部リンク[編集]