アーロン・ディレクター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アーロン・ディレクター(Aaron Director, 1901年9月21日 - 2004年9月11日)は法学者経済学者

ウクライナ生まれ。アメリカに移住後、イェール大学で学ぶ。1946年からシカゴ大学ロー・スクール教授、学部長、そして学長を務めた。1965年の退職後は、スタンフォード大学附置のフーヴァー研究所に勤務した。

自由主義者としてミルトン・フリードマンリチャード・ポズナーに影響を与える。妹のローズはミルトンと結婚している。ロナルド・コースとともにJournal of Law and Economicsの初代編集者を務め、法と経済学の架橋たる仕事を続けた。

著書[編集]

単著[編集]

  • The Economics of Technocracy, (University of Chicago Press, 1933).

共著[編集]

  • The Problem of Unemployment, with Paul Howard Douglas, (Macmillan, 1931).

編著[編集]

  • Defense, Controls, and Inflation, (University of Chicago Press, 1952).