リチャード・アレン・ポズナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
リチャード・ポズナー
Richard Posner
リチャード・ポズナー(2009年)
人物情報
生誕 (1939-01-11) 1939年1月11日(78歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身校 イェール大学
ハーバード大学
配偶者 シャーリーン・ポズナー
学問
研究分野 法と経済学
研究機関 スタンフォード大学
シカゴ大学
主な受賞歴 トムソン・ロイター引用栄誉賞(2013年)
公式サイト
About Posner
テンプレートを表示

リチャード・アレン・ポズナー英語: Richard Allen Posner1939年1月11日 - )は、アメリカ合衆国法学者法と経済学の専門家であり、連邦巡回区控訴裁判所判事である。

経歴[編集]

  • 現在も連邦第7巡回区控訴裁判所の判事であり、また、シカゴ大学ロースクールで上級講師として教えている。

マイクロソフト反トラスト法事件調停人[編集]

法と経済学のシカゴ学派[編集]

  • ポズナーは法学研究に経済学を導入し、法体系の経済分析を提供する。そして、慣習法だけでなく刑法ですら、経済的効率のためであると主張している。
  • 法の目的は富の最大化であり、経済学の手法により解釈し説明が可能であると教えている。たとえば、ポズナーは効率的契約違反説を唱え、契約の拘束力は効率性に根拠があることから、より効率性の高い取引の機会(損害を賠償してもなお余りある利益を得ること)があるならば、契約を破棄することができると考えている。

著作[編集]

  • 『正義の経済学――規範的法律学への挑戦』、馬場孝一訳、木鐸社、2004年
  • ゲーリー・S・ベッカーと共著)『ベッカー教授、ポズナー判事のブログで学ぶ経済学』、鞍谷雅敏・遠藤幸彦共訳、東洋経済新報社、2006年
  • ゲーリー・S・ベッカーと共著)『ベッカー教授、ポズナー判事の常識破りの経済学』、鞍谷雅敏・遠藤幸彦・稲田誠士共訳、東京経済新報社、2011年

外部リンク[編集]

公職
先代:
フィリップ・ウィリス・トーン英語版
Seal of the United States Court of Appeals for the Seventh Circuit.svg 連邦第7巡回区控訴裁判所裁判官
1981年 -
次代:
先代:
ウィリアム・ジョゼフ・バウアー英語版
Seal of the United States Court of Appeals for the Seventh Circuit.svg 連邦第7巡回区控訴裁判所主席裁判官
1993年 - 2000年
次代:
ジョエル・マーティン・フラム英語版